FC2ブログ

花壇の植え付け

2018秋花壇植付2
2018秋花壇植付5

10月は花苗を植え付ける最終月。これを逃すと来年の春まで待たなくてはなりません。
実家の庭から今回もたくさんの花苗や種をもらい、母と2日間で植え付けをしました。
けっこうハードな庭仕事でしたが、これまた楽しいひとときなのです。
ガーデナーさんが花色別で庭のデザインをするように、私もスケッチしてみました。

2018秋花壇植付3
2018秋花壇植付6

あまり手間をかけられないので植えっぱなしOKの宿根草をメインにしています。
矢車草やホワイトレース、金魚草など1年草でも好きな花だけは種まきしました。
今年はカクトラノオやノコンギクなどが地下茎で群生しすぎ、他の花が負けてしまい大変でした。
そういうものを植え替えたり、高低差を考えて並べ替えたりして配置を決めていきます。

2018秋花壇植付1
2018秋花壇植付4

季節ごとに何かしら咲いているようにレイアウトしてつもりですが、どうなることやら。
ようやく花壇が埋まったので、これをベースに来年から記録をつけていこうと思います。
今回もたくさんの花の名前や育て方を母から教えてもらいました。
ありがとう。百花園目指してがんばります!

ミョウガ発見!

2018ミョウガ発見

今月に入ってからは地震や台風などの災害が続き、心穏やかに過ごせなかった感じです。
我が家も台風24号の影響で、浄化槽が浸透しきれずトイレの水が流せなかったり、
お風呂を控えたりと日常生活にも支障が…
突風でハウスや鳥小屋が飛ばされないかとヒヤヒヤものでした。
翌日、向かいにそびえる10mクラスの巨木が2本とも倒れていてビックリ!
そしていつものように裏庭は湖状態、ウコッケイと一緒に水が引くのを待ちました。
写真は雑草に負けて毎年行方不明になってしまうミョウガ。
今年ようやく見つけました。しかもあちこちに顔を出していました。
こうやって生えていくんだ~と地下茎で広がるミョウガをしばし観察。
来年から探す楽しみが増えました。

ゴロゴロ石が片付いた~

2018花壇作り1

庭から出た大きな石、昨年の春に1つ花壇を作ったのですがまだまだ残っております。
ここは駐車スペースを作る予定、力の限りがんばって1つずつ運び出しました。

2018花壇作り2

これらの石は花壇にすることに。玄関前はよりかっこいい質感の石に差し替え、
もっとたくさん花を植えられるよう広くしました。

2018花壇作り3

裏庭は中央カツラの木を囲むように3つの円形花壇を新たに作りました。
直径は2mくらい、何をどう植えるかあれこれ考えております。

2018花壇作り4

円形花壇の隣に広がる大きな花壇。昨年までは薪で使う木で囲んでいましたが、
土に埋もれた箇所が蟻の餌食に…。この際なので石の花壇にすることに。
5年越しでようやく大きな石が片付きました!

秋冬野菜の準備&成長

2018秋冬野菜準備1

トマトの収穫も落ち着き、秋冬野菜の準備にかかっています。
育苗ハウスでは11月の定植に向けて玉ねぎ・長ネギの苗を育てております。
今年も白&赤玉ねぎを700株ずつ作る予定です。

2018秋冬野菜準備2

トマトを栽培しているハウスの1列分だけ人参を作っていたのですが、
7月の日照り続きでどうにも土の乾きが早すぎてなかなか芽が出てくれませんでした。
なので、ミニ大根に切り替えて育てております。「紅三太」という品種、成長早いです。

2018秋冬野菜準備3

8月に育苗していたミニ白菜を露地に定植しました。
アーチ型支柱でトンネルを作り、防虫ネットをかけて幼虫がつかないように万全対策。
種袋を読むと株間はもっと狭くても良さそうだったので、今年は1列増やしてみました。

2018秋冬野菜準備5

今年初挑戦の「キノア」(キヌアとも呼ばれています)という穀物。
8月に露地撒きし、1~2mほど成長して穂先が赤くなってきた11月頃に収穫します。
天日干しをして種を取り、米やパンに混ぜたりサラダなどに入れて食べる健康食品です。

2018秋冬野菜準備4

こちらも今年初挑戦の「当帰」という生薬。セリ科の多年草で葉はセロリ臭がします。
実際に必要なのは根の部分で、乾燥させて漢方薬などに使われます。
収穫は11月、「キノア」と一緒に仕上がりを楽しみに待ちたいと思います。

夏~秋、リアンの庭から

2018リアンの庭夏秋2

庭に咲いた花、夏の忙しさを理由に撮り損なう事が多く目にとどめただけでしたが、
唯一、種から蒔いて育てた「カラミンサ」が咲いた時はうれしかったです。
多年草なので、年々大株になってくれるのを楽しみにしています。

2018リアンの庭夏秋1

花壇はまだ半分くらいしか植えていないので土が見えてさみしいのですが、
8月は「ミソハギ」も色を添えてくれました。奥に茂っている「紫式部」の実も少しずつ
赤紫色になってきました。好きな色ばかりが集中しているようです。

2018リアンの庭夏秋3

砂のような細かい種をバラ撒いて育てた「ジギタリス」。生き残ったのはたったの15株。
そろそろ鉢から地植えしようと思っていたところ、グングン伸びて花が咲き始めていました。
本来は5~6月が花期なんですが、天候不順のせいでしょうか

2018リアンの庭夏秋4

花壇から突然生えてきた植物。1ヶ月くらいでどんどん増えてきました。
多肉植物?調べても分からなかったので写真を撮り「Yahoo知恵袋」で質問してみました。
「ユーフォルビア・ミルシニテス」という御回答が。黄色い花が咲くそうですよ。

2018リアンの庭夏秋5

四季咲きのつるバラ「うらら」。
背丈が伸びず花ばかりつけてしまうので、いつも見つけたらすぐに切り花にします。
かわいらしさとエレガントさがあり、いい香りがします

ミニトマトもがんばってます

2018オレンジトマト

8月も終わり、トマトもだいぶ落ち着いてきました。
ひどい猛暑やら真夏なのに秋が来たのかと思うほどの涼しい日があったり、
トマトたちも調子が狂いますよね。
気候が変な時は、その時期の段についている実もおかしくなったりしていますが、
何とかこの夏をたくましく乗り切っているようです。
今年はミニトマトもいっぱいできましたよ。
道の駅で並べていると、生産者の方たちに「色とりどりで綺麗だね」とか
「トマトのクオリティが高いね」などと声をかけてもらえ、うれしく励みになります。
まだまだこんなふうに鈴なりになっている品種もあります。
何だか楽器のよう。かわいい音が鳴りそうです

癒しのアゲハ

2018アゲハ蝶

この時期はトマト中心の生活、忙しい日々が続いております。
早朝にハウスのトマト収穫を済ませると、夫はJAをはじめ、
小淵沢道の駅~SHOPまちこぶ~三分一湧水直売所エリアの出荷を担当、
妻は白州道の駅エリアを担当し、出荷から戻り朝食を済ませます。
その後は夫:ハウスのトマト管理作業、妻:トマトの選別・箱詰めをし、
あっと言う間に6時の「♪夕焼け小焼け」のメロディ放送が聞こえてきます。
夕食を終えてから次の日に出荷する夏野菜の出荷調整(袋詰めなど)をして1日が終了!
トマトは夏の3ヶ月に忙しさが集中するのでもうしばらくの辛抱。
これが終わったら「あれをしよう」「これをしよう」とやりたい事がいっぱいで、
そのために今がんばっているという感じです。
息抜きに玄関先の寄せ植えをボ~っと眺めていたら、ペンタスの花にアゲハ蝶が… 
ようこそ 癒しの時間をありがとう。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのオープンもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ