ヒヨコちゃん産まれる

ヒヨコ1

メス3羽が覆いかぶさるように1箇所の産卵箱で卵を温めておりました。
数日前からその中でピヨピヨと鳴き声が…
のぞいてもみんなが睨むのでなかなか確認できず。
ギュウギュウ詰めなので圧死しているんじゃないかと心配していた矢先、
いつのまにかお外デビューしているではありませんかぁ

ヒヨコ2

あわててカメラを向けるもほんの一瞬のお披露目でした。
メスたちにがっちり囲まれ小屋の中へと戻っていきました。
意外と脚力があるんです、どんな段差もピョンピョン飛んでいきます。
それにしてもヒヨコって何度見てもカワイイですねぇ
元気に育ちますように…

スポンサーサイト

トマトの定植

2017トマト仮植1

トマトを始めて4年目となりました。
今年も40mハウス2棟分にわたり、JA出荷のトマト「華雅」を作ります。
朝晩はまだ霜注意報が出る寒さなので、育苗ハウスの中ではさらにビニールトンネルを作り
苗を守っています。

2017トマト仮植2

株数は1棟につき256株、昨年は収穫時期が重なり大変になってしまったので、
今年は2棟目の分を2週間ずらして育てる事にしました。
中指くらいの背丈で届いた接木苗を、1つずつポットに仮植して大きくしていきます。
定植の目安は1番花の咲く頃。

2017トマト仮植3

冬に作った野菜を片付け、トマトの準備を急ぎます。
肥料をまいて耕耘し、土づくりをしっかりとしておかなければなりません。
先輩のアドバイスをもとに土や肥料のバランスを調整します。

2017トマト仮植5

管理機で白マルチを敷き、通路には防草シートを広げます。
白マルチにはトマトを植える穴を開けていきます。
これで準備完了

2017トマト仮植4

そうこうしている間にも苗は日々成長していきます。
日々の水やり、育苗ハウスの温度管理など、苗作りはとにかく気を使います。
ここでコケると後々ひびいてしまうのです。

2017トマト仮植6

いざ定植!植え穴にホースをさし、時間をはかりながら水をた~っぷり入れ、
ポットから苗を取り出して穴にズボっと入れていきます。
ハウス1棟分をやるのに、夫1人で朝から始めて1日作業です(弁当持参)。

2017トマト仮植7

定植完了!2週間くらいは水をあげないままでいいんですよ。
これからどんどん大きくなり、2本仕立てにして誘引していきます。
次は隣のハウスの片付け。後半分の準備を急ぎます。

初めて作ってみた野菜

new野菜1

昨年の暮れに蒔いた「かき菜」。
ご近所さんからたくさん種をいただき、冬越しできるというのでさっそく作ってみました。
かき菜は北関東で栽培される伝統野菜で菜花の在来種。
若い花芽の部分をかき取って収穫することからそう呼ばれるようになったそうです。
お浸しにしたり炒め物や汁物など何にでも使え、春を感じる野菜です。

new野菜2

食べる輸血と言われる栄養価の高いビーツ。
昨年は赤色のうずまきビーツを作りましたが、今年は一緒に袋詰めしたらきれいかと思い、
黄色が鮮やかな「ゴールデンビーツ」を作ってみました。
外見はそうでもないですが、カットするときれいな色と模様が目に飛び込みます。
独特の土臭さと甘味がクセに。サラダや煮込み料理、ドリンクにしてもいいですよ。

new野菜3

冬に作ったハウスの野菜も怒涛の収穫ピークを終え、ようやく一段落。
とはいえ、すぐにトマトの準備に入るので、1棟ずつ片付けなければなりません。
まだ中にはボーボーになった春菊や徒長して花が咲いてしまったチンゲンサイが…
アブラムシもついているのでせっせとウコッケイにあげております。
後ろで見ている最年少のチビちゃん、年功序列でまだみんなの輪に入れません

ウコッケイの砂浴び part2

今日はウースケも砂浴びしています。
よく見ると奥にもう1羽いるので3羽固まっているんですね。
重なって窮屈そうですが、これはこれでいいんでしょうね。
[広告] VPS

マルシェ無事終了

七マルシェ1

甲府で行われたマルシェ、無事に終了しました。
メイン会場は園芸家と染色家のコラボレーションによるモニュメントを中心に、
洋服やインテリア雑貨など異分野クリエイターによる手作りの品々が並びます。

七マルシェ2

フレームをくぐると…
私たちが参加している「七マルシェ」が準備に追われています。
山梨銘醸「七賢」の酒蔵で毎月第2日曜日に行われる「七賢マルシェ」の仲間が
白州を飛び出し、今回「七マルシェ」として開催しているものです。

七マルシェ3

「七マルシェ」は次世代農家や移住者農家を中心とした野菜、きのこ、手作り味噌、
パン、スイーツ、ジャム、ハーブティーから木工品まで、それぞれが個性豊かな品を提供し
見ても食べても楽しめる空間になっています。

七マルシェ4

ファームリアンはリーフレタス、ラディッシュ、ルッコラ、ビーツ、小松菜、春菊、
チンゲンサイ、サラダかぶ、黄金かぶ、烏骨鶏の卵を販売。
カタログやファーム名&メッセージの入ったポップなども用意しましたよ。

七マルシェ5

たくさんのお客様が来場し、マルシェは大賑わいでした。
リアンの野菜もおかげさまで完売!あとはどれだけの量を出せるかにかかってきますね
この2日間、直売所とはまた違った環境でいい刺激を受けてきました。

マルシェ出店!

七マルシェ

明日から開催されるマルシェにファームリアン初参加します。
野菜、果物、パン、スイーツなどの新鮮な食とクラフト作品などが集合し
どんな雰囲気になるのか楽しみです。
今日の山梨日日新聞にも広告掲載されています。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
********************************************************
「art FARMERs」
4月1日(土)~2日(日)
10:00~17:00
山梨文化会館1階ロビー(山日YBS本社)
********************************************************

SHOPまちこぶ

まちこぶ1

小淵沢の駅前に「SHOPまちこぶ」という食材のアンテナショップがあります。
先日、酒蔵「七賢」のマルシェで野菜を販売したところ、目に止めていただけたようで
「ぜひうちの店で野菜を販売していただけませんか」という連絡をいただきました。

まちこぶ3

小さな規模ですが雰囲気が良く、野菜からドレッシング・ドリンク・スイーツ etc.
セレクトショップのように充実した品揃え。イベントやキャンペーンなども取り組んでいて
活気があります。主に地元のお客様がメインだそうです。

まちこぶ2

野菜は入口外と店内の2ヶ所にスペースがあります。
リアンからは春菊・小松菜・かぶ・サニーレタス・ラディッシュを置かせていただきました。
これからは「道の駅こぶちさわ」~「SHOPまちこぶ」の出荷ルートとなります。

まちこぶ4

野菜販売ケースの上には生産者を紹介するコーナーがあり、
ファームリアンのパンフレットも並べていただきました。うれしいものですね。
末永いおつきあい、どうぞよろしくお願いします。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
ギャラリーカフェのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR