FC2ブログ

道の駅 信州蔦木宿

2019蔦木宿1

今年は長野県諏訪にある信州蔦木宿(つたきじゅく)という道の駅にも出荷しています。
甲州街道43番目の宿場町として江戸時代に栄えた場所ということで、
当時の雰囲気が感じられる風情のある建物です。

2019蔦木宿2

信州蔦木宿は複合施設で、天然温泉施設やお食事処、直売所、お土産店があります。
ファームリアンも生産者登録をさせてもらい、トマトやコリンキーなどを販売。
売上状況は1日数回、送られてくるメールで確認できます。

2019蔦木宿3

トマトが忙しい時期でも、秋冬野菜の種まきだけはちゃんとやっておかないといけません。
暑いせいか8月後半に蒔いた白菜は3日くらいでもう芽が出てきました。
露地に定植する準備(施肥・耕耘・マルチ張り・防虫ネット)もしなければ…です。

2019蔦木宿4

玉ねぎも赤白2種類を撒きました。大体1500個分が目標です。
こちらは太さ5~6mm(えんぴつより少し細め)を目安にこのまま苗を成長させ、
11月に定植します。収穫は冬越しさせた来年の春になります。

2019蔦木宿5

そして大根も露地に直播きしました。2ヶ月後が収穫予定です。
「紅三太」という赤いぷっくらしたみに大根と、「京むらさき」という淡い紫のミニ大根。
こちらも2~3日で一斉に芽が出てきました。

2019蔦木宿6

紅大根は茎の色も赤いんですね。
この時期はシンクイムシ(芯食虫)に茎をかじられるので要注意!(といってもなすがまま)
1穴に2~3粒蒔いて無事大きくなった苗を1つ残し、あとは間引いていきます。

鶏はスイカがお好き

2019鶏スイカ1

猛暑日にスイカを食べてクールダウン、赤い部分を少しだけ残して鶏にあげてみました。
アロくんとアロちゃんは仲良く突っついています。
美味しいのかな?

2019鶏スイカ2

続いてウコッケイにあげてみたら、ものすごい勢いで群がってきました。
1羽だけがっついていますね。
こちらも美味しそうに食べているようです。

2019鶏スイカ4

小屋からの出入口付近はいつも混雑し、
ひよこちゃんたちはみんなにもみくちゃにされてしまいます。
「しっかり踏ん張っていようねっ!」

2019鶏スイカ3

お母さんもみんなと一緒に外に出て行くのですが、
ひよこちゃんが一生懸命鳴くのですぐに戻ってきます。
「はいはい、大丈夫よ。」

2019鶏スイカ5

「まだ外は怖くて出られないから、中で探検しよう!」
「この下には何があるのかなぁ?」
足毛とおしりがとってもかわいいひよこちゃんです。

ナスが元気

2019夏露地1

露地の夏野菜。トマトと同じく長梅雨でスタートが遅れましたが、元気に育っています。
今はコリンキー、サツマイモ、里芋、ナス、パプリカを栽培。
ようやくナスの収穫が始まりました。

2019夏露地2

今年は20mの畝が3列、それぞれ違う品種を植えました。
1列目はゼブラ模様のイタリアンナス。
肉質がしっかりしていて崩れにくいので煮浸しや炒めものがおすすめです。

2019夏露地3

2列目は青長ナス。どこまでも長く伸びていきますよ。
青系のナスはトゲが特に鋭く、毎年、「痛っ!」を連呼しながら出荷調整しています。
こちらは若干皮が固めなので焼きナス向きです。

2019夏露地4

3列目はイタリアンナスの丸ナス“ビオレッタ”。
果肉がやわらかくトロトロクリーミーになります。
輪切りステーキ焼きで田楽みそやチーズトッピングなどいろいろ楽しめます。

2019夏露地5

この3種類のナスをセットにして道の駅で販売。
ナスも採れはじめると販売スペースがナスだらけになるので、
差別化をはかるためにあれこれ工夫しております。

トマトいろいろ

2019こんなトマトも5

発泡スチロールに土を入れたトマト栽培。苗を育てるためのハウスですが、
育苗が終わればスペースが空くためこのスタイルになり、ここ数年定着しております。

2019こんなトマトも3

ミニトマトは等間隔に並び、房元から順番に色づいていく様子がわかります。
規則性があって美しいですね。

2019こんなトマトも2

大玉も色がきれいに周って美味しそう!
ゴロンゴロン実がついていますよ。

2019こんなトマトも1

今年は「ほおづきトマト」(食用ほおずき)にも挑戦!
袋が枯れて中の実が色づく頃に収穫ですが、中が見えないのでタイミングが難しそう。

2019こんなトマトも4

それぞれの特徴やネーミングなどをラベルに記載しています。
グラムを量り、袋詰め・パック詰めをする出荷調整を日々行っております。

トマトようやく回転

2019出荷調整1

長梅雨による日照不足でトマトがなかなか赤くなりませんでしたが、
ようやくトマトの収穫~出荷調整~出荷のサイクルが続くようになりました。
昨年の今頃はピークを迎えていたはず、遅いスタートですね。

2019出荷調整2

作業は分担、夫はハウスで水やり・誘引・葉かき・芽かきなどを担当しています。

2019出荷調整3

仕分けや箱詰めは妻担当、3S・2S・S・M・L・2L・3Lサイズに細かく分けていきます。

2019出荷調整4

箱詰め作業も慣れてきましたよ。宝石のようにピカピカ!

2019出荷調整5

(おまけ) くっついたトマトは赤い雪だるま。緑のマフラーに波平さんみたいな毛が一本。

あら、もう1羽いた

2019雛2羽目1

ここ八ヶ岳南麓も最高気温34℃になってしまう猛暑続き。
唯一暑さをしのげる早朝、ウースケとアロくんの競うような合唱で目が覚めます。
ひよこちゃんが踏まれていないか確認しなくちゃ!

2019雛2羽目2

まあ、もう一羽増えてる~
ピヨピヨかわいい声がハモりながら響いています。
はじめまして♪家族が増えてうれしいね。

2019雛2羽目5

今日のひょっこりはん。

2019雛2羽目3

巣箱では別の雌鳥が抱卵中。こんな暑い時期に抱えなくてもいいのに…
でも健気にがんばっている姿を見て、あたたかく見守ることにしました。
4個だったはずの卵、いつのまにか7個に増えております。

2019雛2羽目4

最近は夕方になるとものすごい雨雲が出てきて雷が鳴り響きます。
富士山は雲の梯子がかかっているみたい。
音にびっくりしたひなたちはお母さんの羽根の中に逃げ込んでいました。

ウコッケイひな誕生!

2019ひな誕生1

「はじめまして。
とっても暑い中、がんばって殻を割って出てきました。
これが外の世界か~♪」

2019ひな誕生2

「さあ早く中に入って!
あなたはまだ小さいから踏まれたりしないようにそばを離れちゃダメよ。」
「はぁ~い」

2019ひな誕生3

「でも外見たいっ!」
(ひよこだけにひょっこり)

2019ひな誕生4

「だめ、見えないように入って。
あなたを隠すためズリズリしてたら、お尻がどんどん上がっていっちゃうわ。」

2019ひな誕生5

「ばぁ~っ、やっぱり外出たい!」
「しょうがないわね、ちょっとだけよ。」
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
GALLERY&GARDENのオープンめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ