FC2ブログ

2018 ウコッケイの夏

2018夏ウコッケイ1

猛暑に耐えながらも元気に夏を過ごすウコッケイたち。
「クウォ~ッコッコッコッコッ♪」
独特の鳴き方でウースケがみんなを集めています。

2018夏ウコッケイ2

はね出しトマトの差し入れです。
突っついたり転がしたり、ボール遊びをしているよう。
どうやら黄色よりも赤いトマトのほうが人気が集中しています。

2018夏ウコッケイ3

さて、5月に産まれたボクたち私たち。
大きくなって頭もフサフサ。親離れしてからもいつも一緒に行動しています。
「あとで一緒に食べに行こうねー」「そだねー

2018夏ウコッケイ4

そして6月に産まれた子は、草陰でじっとしていました。
時々、お母さんが確認しに来ますが、もう独り立ちしているようです。
「ママに危険を感じたら隠れろって言われているの。でも見つかっちゃった

ロイヤルホテル八ヶ岳に出荷

2018ロイヤルホテル1

ロイヤルホテル八ヶ岳のレストランに無農薬中玉トマトを出荷する事になりました。
和食メニューでトマトの梅煮を作るため100個ほど欲しいということで、
まずは大きさや熟れ具合、色や形などいくつかサンプルを持ってお伺いしました。

2018ロイヤルホテル2

打合せで決まった粒ぞろいのトマトを吟味し収穫、少し多めに入れて準備は万端。
ホテル出荷は始めてなので不安と緊張が入り混じりますが、
とても光栄なお話なので気合いを入れてお届けに参ります!

2018ロイヤルホテル3

バックヤードから入り、帽子や上着、マスク、長靴を装着。
指定のトレーにトマトを並べていきます。
ここまで覆われるともう誰だかわかりませんね。

2018ロイヤルホテル4

ノロウィルス対策として手洗いを30秒間、タイマーをセットして行います。
徹底した衛生管理でようやくホテルに入ることができます。
それでは厨房へ行って参ります!

八ヶ岳南麓も暑すぎです

2018夏トマト2

暑いです。ここ八ヶ岳南麓標高850mでも最高気温35℃を記録してしまいました。
日照り対策や水やり調整など、トマトの管理作業も気を使います。
写真は横に流れる用水路の水を汲み上げ、濾過しながらタンクに貯めているところ。

2018夏トマト1

ハウスのトマトは天高く成長しています。収穫後に撮ったので、赤い実は少ないです。
今年は株間を広くとっているため、風通しも良く蒸れずに葉も実も健康的です。
がんばって張った遮光ネットも、日照りでトマトが焼けてしまうのを防いでくれています。

2018夏トマト3

早朝に収穫したトマトを午前中に選別します。
3S・2S・S・M・L・2L・3L・ハネ出しとサイズ分けしたカゴへ入れていきます。
今のところハネ出しやへたの周りだけ青いままのグリーンバックが少なく安心しています。

2018夏トマト4

午後には選別したトマトをコンテナや箱に詰めていきます。
コンテナは地元スーパーに直接配送するのできれいに箱詰めする必要がないので、
箱を組み立てたり、動かないようきっちり詰める手間が省けて助かります。

露地野菜出荷中

2018夏露地野菜4

先月の雨続きでボーボーに増えてしまった雑草が、
今月の日照り続きで一気に背丈を伸ばしてしまいました。
青虫よけに防虫ネットをかけたアブラナ科の野菜は収穫をむかえていますが、
ネットの網目から雑草がはえ、はがすのに苦労しました。

2018夏露地野菜3

まずはキャベツ、まずまずの出来栄えです。
つぶぞろいで順調に育っていました。(肥料をもらった雑草も一緒にね)
ちりめん状の葉が特徴のサボイキャベツ、煮込み料理にむいています。

2018夏露地野菜2

コール(=かぶ)とラビ(=キャベツ)でコールラビ。
名前のとおり、かぶとキャベツの中間の味です。皮をむくと中はクリーム色で、
スライスしてサラダや浅漬け、ピクルス、炒め物や煮込みなど、何でも調理できます。

2018夏露地野菜1

今年もスティック状のカリフラワー、カリフローレを作りました。
近年、売り出し中の商品なので、種を買ったら専用の袋をつけてくれました。
さっと湯がくと鮮やかな色になり、さらに美味しそうに見えますよ。

2018夏露地野菜5

出荷できないハネ出し野菜は、一口大にカットしてピクルスにしています。
赤玉ねぎ、きゅうり、コリンキー、コールラビ、カリフローレ etc.
酢の物で夏バテ予防です

今年のトマト初出荷

2018出荷野菜6月1

6月中旬ごろからトマトが採れ始めました。少し早い収穫です。
色鮮やかでつやつやのミニと中玉。さっそく試食をしてみると…
けっこう甘くて美味しい!糖度を測ってみたら、やはり高い数値でした

2018出荷野菜6月3

玉ねぎもたくさん収穫しましたよ。
袋詰めしてラベルを貼って、どんどん出荷しています。
赤玉ねぎは宝石のようにきれいな色、みずみずしくサラダで活躍してくれます

2018出荷野菜6月2

にんにくも形がよく揃っていて上手にできたと思います。
こちらも道の駅にどんどん出荷中。
今年はもう少し量産してみようかな

扉をそっと開けてみると

2018ひな誕生part2

もう一羽、ヒナがかえっていました。
こんどは別のお母さんが産みましたよ。
さあ、子育てがんばりましょうね

2018ヒヨコ産まれる3

お外デビューも早く、産まれて2~3日目には小屋の外に出ていました。
お母さんが毛づくろいしている間、隣にちょこんといる姿が可愛らしいです。
ヒヨコのお菓子みたい

2018ヒヨコ産まれる4

さてさて、先に産まれたお兄ちゃん(お姉ちゃん)たち。
こんなに大きくなりました。もう黄色いヒヨコではありませんね。
恐竜ちっくな時期に入っております

2018ヒヨコ産まれる5

お母さんのマネをして、砂浴びだってやっちゃいますよ~

2018ヒヨコ産まれる6

こちらの子は木陰でうとうとお眠りタイムです

梅雨入りまでに

2018にんにく収穫1

ファームリアンから望む南アルプス。カッコウやキジ、メジロやウグイスの声が響きます。
鳥の鳴き声をBGMにのどかな畑仕事といきたいところですが、
この時期は露地野菜の定植ラッシュで汗だくの忙しい日々が続きます。

2018にんにく収穫3

梅雨入りする前に、今日はニンニクの収穫をしました。
約30m分の畝に植え付けたニンニク、けっこう深いところにあるので、
傷をつけないよう慎重に掘り起こしました。

2018にんにく収穫4

小ぶりながらも私たちにとっては上出来です。
うまくいけば自信につながるので、今度はさらに作る量を増やしてみようと思います。
さっそく根っこをカットして保存の準備。

2018にんにく収穫5

ハウスのいちばん風通しの良さそうな所に吊るしました。
気持ちよく乾いて下さい。
しばらくニンニク臭が漂いそうです

2018にんにく収穫2

育苗ハウスで大きくなった露地野菜の苗。
キャベツ・カリフラワー・コールラビ・ナス・パプリカ・トウガラシ・オクラ etc.
早く定植してくれ~!と言っているようです。順番にやっているのでもう少しお待ち下さい。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのオープンもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ