6月リアンの庭から

2018_6月リアンの庭5

昨年の春に植え付けたイングリッシュラベンダーが咲き始めました。
株も一回り大きくなって花数も増え、隣同士がボーダー状につながって見えます。

2018_6月リアンの庭2

昨年秋に植えたフウロソウ。寒さで枯れてしまい、どこにいるか完全に見失っていましたが、
芽吹いておりました。がんばって冬を乗り切ったんですね。

2018_6月リアンの庭3

裏庭から玄関脇の花壇に移植したペンステモン。きれいに咲いてくれました。
パープルピンクの花色や釣鐘状の形が上品で可憐な印象です。

2018_6月リアンの庭4

大きくならない矮性のルピナス。種から発芽させ、鉢上げしながら生き残った10株。
花開いた時は喜びもひとしおですね。

2018_6月リアンの庭1

裏庭の大きな花壇。矢車草や千鳥草、ホワイトレース(写真ではちょっと見えない)、
リクニス・コロナリア・ガーデナーワールド(長い名前)、虫とりなでしこが群生します。

4月リアンの庭

2018_4月リアンの庭1

殺風景な庭にようやく春が訪れました。
トップバッターはムスカリ、スイセン、チューリップです。
玄関脇に作った花壇に初めて咲く花たち、色を添えてくれました。

2018_4月リアンの庭2

うれしくて別方向からも。霜や突風で球根が浮き出てしまい慌てて埋め直したのですが、
間に合ってよかったです。奥のタンポポもかわいいのですが、放っておくと増殖して
地中が大変な事になってしまうので、この辺りでは雑草扱いです。

2018_4月リアンの庭3

裏庭の円形花壇もきれいに咲いてくれました~!
八重や一重のスイセンやスノーフレーク(スズランスイセン)、
藁で隠れて見えませんがムスカリもしっかり顔を出しているんですよ。

花苗の成長

2018花苗5

ぽかぽか陽気が続くと、思わず外に出たくなってしまいますね。
昨年の秋に蒔いた花の種、ハウスで育て無事大きくなってくれました。
さっそくオルレア(ホワイトレース)を庭に植えてみました。

2018花苗1

スカビオサ(西洋松虫草)のブルーとイエロー。
薄紫色のカタナンケと共に「常緑多年草」と書いてあったので、
植えっぱなしで毎年楽しめるかなぁと期待しております。

2018花苗2

背丈が2mくらいまで伸びるジギタリス。
砂粒のように種が細かく、ばら蒔いたらたくさん芽が出ました。
うまく夏越しをさせて秋に定植し、来年の春に花を咲かせる予定です。

2018花苗3

濃いピンクのモナルダ(ベルガモット)。
ちょっと乾燥させてしまい枯れ気味ですが、何とか生き返りました。
花壇に今ある色違いのベルガモットの隣に植えたいと思います。

2018花苗4

もう一色追加しようと蒔いてみた桔梗。桃色の花のつもりでいましたが、
よくよく調べると、桃の葉のような「桃葉桔梗」とあり、花が桃色とは書いておらず…
一色追加どころか同じ色ばかりになってしまいそうです 

秋のガーデニング part2

2017秋ガーデニング4

裏庭の中央に配置した円形花壇。ウコッケイも興味津々です。
ユーカリの木をシンボルツリーに、チューリップやムスカリ、スイセンなどの球根を
植え付け、丸太の外枠にはわすれなぐさで囲みました。
秋にはクラシックな色の花やカラーリーフなどで演出できたらいいなぁ

2017秋のガーデニング9

【円形花壇】
ユーカリ・チューリップ・ムスカリ・スズランスイセン・わすれなぐさ
【バラアーチパイプ周囲】
バラ(サハラ’98・うらら・アルベルティーン)・ローズマリー・レモンバーム・
わすれなぐさ・コニファー・カポック・雲南黄梅
【軒下パーゴラ前】
ロシアンオリーブ・ラベンダー

2017秋ガーデニング5

農業用ハウスの資材を使ってバラのアーチパイプを作っています。
まだ組み立て途中ですが、白くペイントして入口を作り、休憩場所などにする予定。
両サイドからアーチ状につるバラを這わせ、満開の花の下でティータイム
…数年後の夢でございます。バラの株はまだ30cmほど。

2017秋のガーデニング10

ウコッケイの周囲はこぼれ種や地下茎で自然に増える花にしました。
ウコッケイの白に映えるよう赤・オレンジ・黄色のカラーでまとめたエリアです。
りんごやべりー系の果樹の周りでかわいく咲いてくれればいいなぁ…

【ウコッケイエリア周囲】
柿・梅・アーモンド・リンゴ・ジューンベリー・ブルーベリー・アンデスの乙女
アメリカフヨウ・ノカンゾウ・ヘメロカリス・キンケイソウ・ユーフォルビア・ハルシャギク
ひなげし・オレンジコスモス

2017秋ガーデニング3

表から裏庭に続くポイントにアーチを立てました。
両サイドからドロシーパーキンスというミニのつるバラを植えています。

秋のガーデニング、無事終了です。
高齢にもかかわらずとにかく働き者の母、おつかれさまでした!
とても楽しくてうれしいひとときでした。
「魔法がかかったみたいになるよ」 と言われ、春が待ち遠しい限りです。

秋のガーデニング part1

2017秋ガーデニング2

さて、春から始めたリアンの庭づくりの続きです。
実家の庭から株分けした花苗や球根を母がたくさん持ってきてくれたので、
プラン図をベースにアドバイスを受けながら、一緒に植え付けていきました。
玄関脇の表花壇、メインの樹木しかありませんでしたが、ようやく完成しました。

2017秋のガーデニング7

【表花壇】
ヒメシャラ・コニファー・紫式部・あじさい・ヒメムクゲ・アルストロメリア・ミソハギ・
ガウラ・ペンステモン・バラ(フラワーガール)・ムスカリ・チューリップ・ラベンダー・
チェリーセージ・フリージア・ディモールフォセカ・ニラバナ・ゼフィランサス・
スズランスイセン・ヒオウギスイセン・カルーナ

2017秋ガーデニング6

裏庭の花壇です。がんばっていたノコンギクは強風で倒れてしまいました
今年きれいに咲いてくれた多年草は短く刈り込み、来春の芽吹きを待ちます。
この花壇は最初に手掛けたものなので、株がだいぶ大きくなり充実してきました。

2017秋のガーデニング8

【裏庭花壇】
ガウラ・ツユクサ・アガパンサス・カクトラノオ・ノコンギク・ゼラニウム・ベルガモット・
キキョウ・ブルーサルビア・アネモネ・バラ(マチルダ)・ノコギリソウ・アジサイ・
ロシアンセージ・セイヨウフヨウ・ヒメムクゲ・ムクゲ・スズランスイセン・リクニス・
オオニソガラム・わすれなぐさ・ブルールピナス(育苗中)・ホワイトレース(育苗中)
矢車草・千鳥草・虫とりなでしこは、こぼれ種からたくさん芽が出ています。

2017秋ガーデニング1

よく見ると、花壇の中でゼラニウムが咲いているではありませんか!
別名フウロソウと言うこの花、“オリオン”という名の葉が紅葉する品種です。
小さくひっそり咲いていて、とてもいじらしいです

10月の庭から

2017秋の花3

週末はまた台風が来るそうですね、もうやだやだ
雨で倒れてしまう前に庭の花を撮っておきました。
春に植えたラベンダー、一回り株が大きくなって秋にも咲いてくれました。

2017秋の花5

野紺菊(ノコンギク)。耐寒性のある多年草です。
赤紫のつぼみが開くと薄紫ピンクの花が広がり、素朴で可憐な印象。
次々と咲いていくので花が少ないこの時期に色を添えてくれます。

2017秋の花4

紫式部(ムラサキシキブ)。夏に白く小さな花を咲かせますが、ほとんど目立ちません。
秋につく赤紫色の実がとても綺麗で気に入っています。
何度か移植していますが無事に根をつけ、玄関脇でいい味を出してくれています。

2017秋の花1

来年の春に向け、花の育苗にもチャレンジしてみました。
野菜と同じように育苗ポットに種をまいてみたら芽が出ました!
土が盛り上がって芽が出てくる感じ、毎度のことワクワクします。

2017秋の花2

通路をブルーの小径にしたく、忘れな草の種もまきました。
パウダー状の細かい種で、1粒ごとつまむ事ができずバ~ッとばら撒いておいたら
こんなになってしまいました。ものすごい密植状態、どうしよう

蕾が続々と開いています

2017_7月の花1

数日前からキキョウが咲き始めました。
青紫の凛とした花です。涼しげですね。
隣には白のキキョウ、蕾を膨らませています。

2017_7月の花2

春に種まきをしたミックス色の矢車草。
1株から赤紫やピンク、薄紫、青色の花が混合咲きをしています。
こんな色合いだけで花壇をまとめてみてもいいですね。

2017_7月の花3

ベルガモットも咲き始めました。
炎が飛び散るような花の形からタイマツバナとも呼ばれています。
葉をお茶にしたり料理の香り付けにもなるハーブです。

2017_7月の花4

雑草が伸び、花の姿が見えなくなりそうだったので草刈りをしてもらいました。
花壇の後ろにある桑の木、実がなっている時期はたくさんの小鳥たちがやってきて
それはそれはにぎやかでした。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのオープンもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ