FC2ブログ

7月リアンの庭から

2019リアンの庭7月1

こちら八ヶ岳南麓は雨続き、せっかくの花たちも散って倒れてかわいそう。
それでもがんばって咲いている花壇の様子を記録していきます。
秋に植えた球根のユリ。花が大きく見ごたえがあり迫力満点!

2019リアンの庭7月2

今年はラベンダーを裏庭に続く小径へ植え替えました。
黒い防草シートを敷いている所を石畳にする計画です。
ちゃんと咲いてくれたので一安心。また秋に鑑賞できるようこれから切り戻します。

2019リアンの庭7月3

小径を抜けるとアーチがお出迎え。ドロシーパーキンスという小花のつるバラです。
一週間くらい前の様子、満開です!冬に姉夫婦が剪定&誘引を手伝ってくれました。
バラが咲くと庭が一気に華やかになりますね。

2019リアンの庭7月4

アーチをくぐると裏庭が広がります。
手前ピンクの小花はリクニス・コロナリア、遠くのブルー系は矢車草や千鳥草。
そこに白いガウラと黄色の金糸梅が加わり色合いが良くなってきました。

2019リアンの庭7月5

地下茎で自由に広げたいエリアは、赤や黄色のヘメロカリスやノカンゾウが咲き進みます。
白い花は常緑ヤマボウシ。花後の実は食べられるそうですよ。
花と共に雑草もすくすくと伸びており、見て見ぬふりをしております。

梅雨リアンの庭から

2019リアンの庭6月1

梅雨入りしましたね。雨が続いてしまう前に、今咲いている花たちを記録します。
リアンで初めて咲かせたシャクヤク。迫力があります。
これまで大輪の花がなかったのでいいアクセントになりました。

2019リアンの庭6月2

種まきで育てたキキョウ。小さな芽が冬越しして根付いてくれました。
5月後半からグングン背丈が伸びて、たくさんのつぼみが次々と花開いています。
涼やかですねぇ。花色の変化も楽しめます。

2019リアンの庭6月3

イングリッシュデージー満開!
切り戻しをしてあげると秋までずっと咲き続けてくれます。
さみしかった花壇が一気に明るくなりました。

2019リアンの庭6月4

“オリオン”という品種のゲラニウム。フウロソウとも呼ばれています。
2年目まではあまり大きくならなかったのですが、今年から急に勢いづいてきました。
軽やかでかわいい小花がどんどん開いています。

2019リアンの庭6月5

クレマチス“レッドパール”。こちらも初めての開花です。
冬に苗をもらったものの、鉢から枯葉と枯枝がちょこっと見えるだけ。
「大丈夫?ホントに生きてるの?」と思っていましたが、
「ほ~ら、ごらんなさい!」とばかりに咲き誇っています。

ガーデニング作業

2019春ガーデニング4

冬の間、部屋の中で育てていたバラ「つるアイスバーグ」。
暖かくなってきたので鉢植えから庭植えにしたところグングン成長し、
庭にあるバラ1番乗りで咲いてくれました。上品なオフホワイトで芳香です。

2019春ガーデニング3

数年前から植えていた球根花のシラーカンパニュラータ、ようやくお目見えです。
どこに植えたのかも定かでなくなり半分あきらめかけていましたが、出てきてくれました。
釣り鐘状の花が下から上へ順に咲き進んでいます。

2019春ガーデニング5

チューリップは終わり、花を全てカットしました。
球根に栄養を十分に与えるため、葉が枯れるまでそのまま待ちます。
最後に咲き始めた黒紫花は切花にして、キッチン横で眺めながら癒されています。

2019春ガーデニング1

地下茎で増える花々(西洋ミソハギやハナトラノオ、アルストロメリア)の対策をしました。
気づくとものすごく遠くまで増殖し他の花が食われてしまうこともあったので、
咲かせたいエリア内に収めるために溝を掘って波板で囲んでみました。

2019春ガーデニング2

深さ20cm以上掘って波板を埋め込み、花壇の中に地下茎花エリアが完成。
3種とも好きな花なので、それぞれ囲んだ場所内できれいに咲かせて下さいな。
これ以上深い所から根が伸びてしまったら…とりあえず様子を見ようと思います。

4月リアンの庭から

2019リアンの庭4月1

昨年秋に3つの花壇を追加、種を蒔き球根や苗を植えて藁を敷き、じっと春を待ちました。
スイセンやムスカリ、チューリップが歌うように咲き始め、殺風景な庭が色づいていきます。
高音のウースケ&低音のアロくんが競い鳴きしています (時々ハモります)。

2019リアンの庭4月2

ジューンベリーは満開。葉より先に白い花がびっしり咲いてボンボンみたい。
木の周りはノカンゾウの芽やホトケノザなどの野草が群生しています。
アローカナのカップルは一生懸命どこを見ているんでしょうかね?

2019リアンの庭4月3

花壇の藁をどけてみると、球根や株元から新芽が出ているのを発見しワクワクします。
雪に埋もれたムスカリや黄花のユーフォルビア(知恵袋で品種を聞きました)、
奥にはピンク・白・ブルーのアイフェイオンというハナニラも咲き始めました。

2019リアンの庭4月4

ユーフォルビアは2000種類以上もあるそうで、調べても探しきれないわけだと実感。
これは“ミルシニテス”という品種で、多肉系の葉が這うようにどんどん伸びていきます。
ハート型の小花はブーケみたいにかわいらしく、造形美な植物です。

2019リアンの庭4月5

先日、道の駅こぶちさわのリニューアルオープンでゲットした花苗のスカビオサ。
好みの花で毎年種を蒔くのですが、うまく育った試しがないのでうれしいです。
背丈の低い矮性で、ラベンダーピンクの花を次々と咲かせています。

花壇の植え付け

2018秋花壇植付2
2018秋花壇植付5

10月は花苗を植え付ける最終月。これを逃すと来年の春まで待たなくてはなりません。
実家の庭から今回もたくさんの花苗や種をもらい、母と2日間で植え付けをしました。
けっこうハードな庭仕事でしたが、これまた楽しいひとときなのです。
ガーデナーさんが花色別で庭のデザインをするように、私もスケッチしてみました。

2018秋花壇植付3
2018秋花壇植付6

あまり手間をかけられないので植えっぱなしOKの宿根草をメインにしています。
矢車草やホワイトレース、金魚草など1年草でも好きな花だけは種まきしました。
今年はカクトラノオやノコンギクなどが地下茎で群生しすぎ、他の花が負けてしまい大変でした。
そういうものを植え替えたり、高低差を考えて並べ替えたりして配置を決めていきます。

2018秋花壇植付1
2018秋花壇植付4

季節ごとに何かしら咲いているようにレイアウトしてつもりですが、どうなることやら。
ようやく花壇が埋まったので、これをベースに来年から記録をつけていこうと思います。
今回もたくさんの花の名前や育て方を母から教えてもらいました。
ありがとう。百花園目指してがんばります!

ゴロゴロ石が片付いた~

2018花壇作り1

庭から出た大きな石、昨年の春に1つ花壇を作ったのですがまだまだ残っております。
ここは駐車スペースを作る予定、力の限りがんばって1つずつ運び出しました。

2018花壇作り2

これらの石は花壇にすることに。玄関前はよりかっこいい質感の石に差し替え、
もっとたくさん花を植えられるよう広くしました。

2018花壇作り3

裏庭は中央カツラの木を囲むように3つの円形花壇を新たに作りました。
直径は2mくらい、何をどう植えるかあれこれ考えております。

2018花壇作り4

円形花壇の隣に広がる大きな花壇。昨年までは薪で使う木で囲んでいましたが、
土に埋もれた箇所が蟻の餌食に…。この際なので石の花壇にすることに。
5年越しでようやく大きな石が片付きました!

夏~秋、リアンの庭から

2018リアンの庭夏秋2

庭に咲いた花、夏の忙しさを理由に撮り損なう事が多く目にとどめただけでしたが、
唯一、種から蒔いて育てた「カラミンサ」が咲いた時はうれしかったです。
多年草なので、年々大株になってくれるのを楽しみにしています。

2018リアンの庭夏秋1

花壇はまだ半分くらいしか植えていないので土が見えてさみしいのですが、
8月は「ミソハギ」も色を添えてくれました。奥に茂っている「紫式部」の実も少しずつ
赤紫色になってきました。好きな色ばかりが集中しているようです。

2018リアンの庭夏秋3

砂のような細かい種をバラ撒いて育てた「ジギタリス」。生き残ったのはたったの15株。
そろそろ鉢から地植えしようと思っていたところ、グングン伸びて花が咲き始めていました。
本来は5~6月が花期なんですが、天候不順のせいでしょうか

2018リアンの庭夏秋4

花壇から突然生えてきた植物。1ヶ月くらいでどんどん増えてきました。
多肉植物?調べても分からなかったので写真を撮り「Yahoo知恵袋」で質問してみました。
「ユーフォルビア・ミルシニテス」という御回答が。黄色い花が咲くそうですよ。

2018リアンの庭夏秋5

四季咲きのつるバラ「うらら」。
背丈が伸びず花ばかりつけてしまうので、いつも見つけたらすぐに切り花にします。
かわいらしさとエレガントさがあり、いい香りがします
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
GALLERY&GARDENのオープンめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ