秋のガーデニング part2

2017秋ガーデニング4

裏庭の中央に配置した円形花壇。ウコッケイも興味津々です。
ユーカリの木をシンボルツリーに、チューリップやムスカリ、スイセンなどの球根を
植え付け、丸太の外枠にはわすれなぐさで囲みました。
秋にはクラシックな色の花やカラーリーフなどで演出できたらいいなぁ

2017秋のガーデニング9

【円形花壇】
ユーカリ・チューリップ・ムスカリ・スズランスイセン・わすれなぐさ
【バラアーチパイプ周囲】
バラ(サハラ’98・うらら・アルベルティーン)・ローズマリー・レモンバーム・
わすれなぐさ・コニファー・カポック・雲南黄梅
【軒下パーゴラ前】
ロシアンオリーブ・ラベンダー

2017秋ガーデニング5

農業用ハウスの資材を使ってバラのアーチパイプを作っています。
まだ組み立て途中ですが、白くペイントして入口を作り、休憩場所などにする予定。
両サイドからアーチ状につるバラを這わせ、満開の花の下でティータイム
…数年後の夢でございます。バラの株はまだ30cmほど。

2017秋のガーデニング10

ウコッケイの周囲はこぼれ種や地下茎で自然に増える花にしました。
ウコッケイの白に映えるよう赤・オレンジ・黄色のカラーでまとめたエリアです。
りんごやべりー系の果樹の周りでかわいく咲いてくれればいいなぁ…

【ウコッケイエリア周囲】
柿・梅・アーモンド・リンゴ・ジューンベリー・ブルーベリー・アンデスの乙女
アメリカフヨウ・ノカンゾウ・ヘメロカリス・キンケイソウ・ユーフォルビア・ハルシャギク
ひなげし・オレンジコスモス

2017秋ガーデニング3

表から裏庭に続くポイントにアーチを立てました。
両サイドからドロシーパーキンスというミニのつるバラを植えています。

秋のガーデニング、無事終了です。
高齢にもかかわらずとにかく働き者の母、おつかれさまでした!
とても楽しくてうれしいひとときでした。
「魔法がかかったみたいになるよ」 と言われ、春が待ち遠しい限りです。
スポンサーサイト

秋のガーデニング part1

2017秋ガーデニング2

さて、春から始めたリアンの庭づくりの続きです。
実家の庭から株分けした花苗や球根を母がたくさん持ってきてくれたので、
プラン図をベースにアドバイスを受けながら、一緒に植え付けていきました。
玄関脇の表花壇、メインの樹木しかありませんでしたが、ようやく完成しました。

2017秋のガーデニング7

【表花壇】
ヒメシャラ・コニファー・紫式部・あじさい・ヒメムクゲ・アルストロメリア・ミソハギ・
ガウラ・ペンステモン・バラ(フラワーガール)・ムスカリ・チューリップ・ラベンダー・
チェリーセージ・フリージア・ディモールフォセカ・ニラバナ・ゼフィランサス・
スズランスイセン・ヒオウギスイセン・カルーナ

2017秋ガーデニング6

裏庭の花壇です。がんばっていたノコンギクは強風で倒れてしまいました
今年きれいに咲いてくれた多年草は短く刈り込み、来春の芽吹きを待ちます。
この花壇は最初に手掛けたものなので、株がだいぶ大きくなり充実してきました。

2017秋のガーデニング8

【裏庭花壇】
ガウラ・ツユクサ・アガパンサス・カクトラノオ・ノコンギク・ゼラニウム・ベルガモット・
キキョウ・ブルーサルビア・アネモネ・バラ(マチルダ)・ノコギリソウ・アジサイ・
ロシアンセージ・セイヨウフヨウ・ヒメムクゲ・ムクゲ・スズランスイセン・リクニス・
オオニソガラム・わすれなぐさ・ブルールピナス(育苗中)・ホワイトレース(育苗中)
矢車草・千鳥草・虫とりなでしこは、こぼれ種からたくさん芽が出ています。

2017秋ガーデニング1

よく見ると、花壇の中でゼラニウムが咲いているではありませんか!
別名フウロソウと言うこの花、“オリオン”という名の葉が紅葉する品種です。
小さくひっそり咲いていて、とてもいじらしいです

10月の庭から

2017秋の花3

週末はまた台風が来るそうですね、もうやだやだ
雨で倒れてしまう前に庭の花を撮っておきました。
春に植えたラベンダー、一回り株が大きくなって秋にも咲いてくれました。

2017秋の花5

野紺菊(ノコンギク)。耐寒性のある多年草です。
赤紫のつぼみが開くと薄紫ピンクの花が広がり、素朴で可憐な印象。
次々と咲いていくので花が少ないこの時期に色を添えてくれます。

2017秋の花4

紫式部(ムラサキシキブ)。夏に白く小さな花を咲かせますが、ほとんど目立ちません。
秋につく赤紫色の実がとても綺麗で気に入っています。
何度か移植していますが無事に根をつけ、玄関脇でいい味を出してくれています。

2017秋の花1

来年の春に向け、花の育苗にもチャレンジしてみました。
野菜と同じように育苗ポットに種をまいてみたら芽が出ました!
土が盛り上がって芽が出てくる感じ、毎度のことワクワクします。

2017秋の花2

通路をブルーの小径にしたく、忘れな草の種もまきました。
パウダー状の細かい種で、1粒ごとつまむ事ができずバ~ッとばら撒いておいたら
こんなになってしまいました。ものすごい密植状態、どうしよう

蕾が続々と開いています

2017_7月の花1

数日前からキキョウが咲き始めました。
青紫の凛とした花です。涼しげですね。
隣には白のキキョウ、蕾を膨らませています。

2017_7月の花2

春に種まきをしたミックス色の矢車草。
1株から赤紫やピンク、薄紫、青色の花が混合咲きをしています。
こんな色合いだけで花壇をまとめてみてもいいですね。

2017_7月の花3

ベルガモットも咲き始めました。
炎が飛び散るような花の形からタイマツバナとも呼ばれています。
葉をお茶にしたり料理の香り付けにもなるハーブです。

2017_7月の花4

雑草が伸び、花の姿が見えなくなりそうだったので草刈りをしてもらいました。
花壇の後ろにある桑の木、実がなっている時期はたくさんの小鳥たちがやってきて
それはそれはにぎやかでした。

7月の庭から

2017_7月の庭1

7月に入り、一雨ごとに畑も庭もあらゆる植物たちがぐんぐん伸びていきます。
野菜や花の成長はうれしいのですが、管理作業の半分は雑草取りです。
さて、花壇のほうは‘ペンステモン’という白淡紫の花が終わり、
ピンクの‘虫とりなでしこ’が繁殖しています。
ブルーの矢車草や黄色の‘キンケイソウ’もまだまだ蕾がいっぱい、
遠くには白い‘ガウラ’が咲き始めました。

2017_7月の庭2

この‘ガウラ’、白い蝶がヒラヒラ舞うように見えることから別名‘白蝶草’ともいいます。
開花期が長く、初夏から寒くなる頃まで軽やかに揺れながらずっと咲いてくれます。
耐寒性もあり植えっぱなしOKなのでとても気に入っています。

2017_7月の庭3

つるバラの‘ドロシーパーキンス’が初めて咲きました。
植え替えをしてぐったりしていたのですが、新しい芽が出始め復活!
今は支柱に絡めていますが、バラのアーチにしてそこをくぐるのが夢であります。
この夏を乗り越えたら流木アーチにトライしようと思います。

6月の庭

2017花壇2

5月は夏野菜の定植に追われ、ほとんど畑に出っぱなし。
おかげでリアンの庭は草だらけ、植えた花より雑草のほうが伸び放題に…
せめて花壇の中だけでもきれいにしようと無心で抜きまくりました。
ブルーの矢車草
ピンクの虫とりなでしこ
黄色のキンケイソウ
淡いピンクのペンステモン etc.
色とりどりの花が咲き始めています。

2017花壇3

生垣用のフェイジョアが大きくなるまで背丈のある花で代用しようと
去年のこぼれ種で出ていた千鳥草(チドリソウ)の芽を植えておきました。
名前のとおり、鳥がはばたいているようでとても可憐な姿です。
眺めも良く、このままボーダー状に増やしてみようと思っています。

2017花壇1

バラを得意とする姉から挿し木してもらった「サハラ」。
何年か越しで初めて開花しました。黄色が鮮やかで元気をもらえますね。
背丈は50cmくらいで鉢植えなので、次の植え替え時期に地植えで大きくしていきたいです。

2017花壇4

朝は黄色だった「サハラ」、夕方にはオレンジピンクに変化していました。
透明感がありとても美しく、色の変化を楽しめる品種ですね。
私はバラ(というか園芸)初心者なので、じっくり向き合って育ててみたいです。

花壇を作ってみた part2

花壇裏2

表玄関が石で囲んだ花壇なら、裏庭は木枠で囲んだ花壇を作ろうと思います。
ありもので何とか作ろうと、薪用にとっておいた木材の中から同じような太さのものを選び、
チェーンソーでひたすら切りまくりました。(だんだんたくましくなる妻)
これでもかというくらい切って並べていってもなかなか繋がらず、ペースダウンして少しずつ
進めることにしました。 シンボルツリーは姉の勧めてくれたユーカリ=ポポラスです。

花壇裏1

先週、超ベテランガーデナーの母が自分の庭からたくさんの苗を持ってきてくれました。
昨年に植えた苗は新しい場所に移植し、これから植えるものは花の時期や色、背丈、特徴など
アドバイスを受けながら順々に花壇をうめていきました。庭仕事もなかなかハードです。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、達成感でいっぱい
“自分の思い描いた庭になるには10年かかる”と言うので、
ゆっくりと、季節の変化を感じながら成長過程を見守りたいと思います。

花壇裏3

今回植えた植物は、名前が覚えきれないので記録しておきます。
他にもバラ、紫式部、アジサイ、雲南黄梅、金糸梅、アンデスの乙女、フヨウ、
コニファー、オリーブやローズマリーの挿し木、 etc.たくさん植えました。
どこに何を植えたかちゃんと把握しておかねば…
そして、野菜と共に庭の管理も大変になりそうです
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ