FC2ブログ

アローカナの小屋作り

2019アロ小屋5

アロくんは不満です。
「僕たちの家はここなの?何だかウコッケイとずいぶん差があるよねー!」
アロちゃんが答えます。
「それはあなたがウースケくんにすぐケンカを売るからでしょ!?」

2019アロ小屋1

アロくん、本能なのか雄鳥を見ると羽根を広げ戦闘モードで大暴れするんです。
なので、ウコッケイと別々に行動するように仕切っており、
アローカナはコンテナを積んだ仮設の小屋で過ごしてもらっています。
同じニワトリでも性質が違うんですね。ウコッケイがとてもおとなしく感じます。

2019アロ小屋3

トマトの出荷が始まるまでに小屋を作ろうと早速準備をします。
土台にする束石は手作りにしました。(節約です)
ブロックに金具を入れてコンクリートを流し込み数日乾かして完成。

2019アロ小屋2

小屋を作りたい場所は雑草だらけ。手付かずのエリアなのでカヤが伸び放題です。
鍬でほぐしながら少しずつ抜いて…結構な時間がかかってしまいました。
ようやく溝掘りができます。

2019アロ小屋4

土台の地盤は砂利を敷いて平らに圧縮(お手製ガーデニングトントン活躍)、
コンクリートを流してブロックを並べて固定します。
しばらく乾かしてから次の作業に移ります。

またキツネが…

2019柵補強1

昨年の冬に作ったニワトリ用の柵。亀甲金網を張って頑丈にしました。
それまで防獣ネットで囲んでいたものの、キツネに噛みちぎられ侵入されてしまったんです。
最近、また現れるようになり、早朝からニワトリたちが大騒ぎ!

2019柵補強2

あわてて飛び起きると、大きなキツネが一匹。目が合い素早く逃げていきました。
柵の周りはキツネの足跡がぐるりとついていて、四隅は金網を押した跡が…
悪夢がよみがえり、とり急ぎキツネが狙う背丈の高さまで板を貼りました。

2019柵補強3

それでも心配なので、フェンスも作ってしまおう。
キツネの頭が入らない間隔で、なるべく低予算で済むよう廃材を組み合わせながら
あれこれ工夫。狙われやすい箇所から進めていきました。

2019柵補強4

塗装をして取り付け作業。外から見ると半分姿が隠れちょうどいい具合です。
(アローカナの)アロくんとアロちゃんも興味深々で、作業中はずっと近くにいましたよ。
さぁ、これでどうだ!というくらい頑丈になっています。

2019柵補強5

丸見え感がなくなり、全体的に安定感も出たような。
これで何とか守ってあげられるといいのですが…
作業はまだ半分、後半に続きます。

アローカナの青いたまご

2019アローカナ卵1

アローカナは環境適応能力が高いですね。ウコッケイたちより早くたまごを産みました。
淡い青緑色のきれいな卵です!

2019アローカナ卵5

さっそくいいポーズの写真を撮ってパッケージデザインしたくなりました。
グラフィックソフトを使って背景をくり抜き、2羽を合成しようと思います。

2019アローカナ卵2

たまごのパックに巻く帯です。品名やキャッチコピー、
産卵日、賞味期限、保存方法などを記入しています。

2019アローカナ卵4

こんな感じになります。ウコッケイのパッケージと同じ仕様で、
写真と色味を変えたバージョンです。

2019アローカナ卵3

合わせてPOPも作りましたよ。
店頭に並べてどんな反応があるか楽しみです。

ウコッケイ柵作りpart2

烏骨鶏柵1

材料の仕込みが終わり、組立て作業開始。
土台の束石をセッティングするため、穴を掘り砂利を敷いて地固めします。
転圧グッズというものがあるのですが、手作りで代用してみました。
枝をつかんで上からトントンとたたいてかっちりさせます。使い心地バッチリでした!

烏骨鶏柵2

砂3:セメント1に水を混ぜてモルタルを作り、束石の下に敷きます。
束石の周りには砕石を敷き詰め、上から水を混ぜない粉末状態のモルタルをまき、
ジョウロで水をかけます。束石が動かないようにしっかり固定し、
乾いたら上に土をかぶせて土台の設置は終了です。

烏骨鶏柵3

束石に柱を取り付けて、網を張った木枠をネジ止めします。
柱10本、木枠10枚を水平垂直を測りながら慎重に進めていったつもりですが、
やはり最後がうまく合わず、無理矢理つなげた感じになってしまいました
まっ、素人の手仕事ということで…

烏骨鶏柵5

ウコッケイを狙う動物は土を掘って入り込んでくる奴もいます。
そこで波板を埋め込んでブロック!
地下30cmくらい掘っているので多分大丈夫でしょう。
シャベルや三角ホー(先の尖った鍬)でひたすら溝を掘り、農作業のようでした。

烏骨鶏柵6

木材は土に触れると腐食が進むので、保護するためにレンガを敷くことにしました。
とり急ぎ家にあった分だけ並べてみました。なかなかいい感じ。
全周分敷くにはけっこうな量がいりそうですねぇ… 少しずつ進めていきましょう。
内側に波板、外側からはレンガで侵入者からもがっちりガードできそうです。

烏骨鶏柵4

4m×6mの囲み部分完成!
あとは天井部分にネットを張って、カラスの侵入を防ぎます。
上から下からあらゆる敵が狙っているので、何とかして守ってあげたいものです。
次回は小屋と柵の連結部分を作り、小屋の模様替えと修復作業をします。

ウコッケイ柵作りpart1

烏骨鶏柵作り1

ウコッケイの柵を作ります。これまで使っていた防獣ネットはキツネなどに
噛み切られてしまうため、DIYでもっと強化しようと思いします!
まずは木枠作り。全体の仕上がりは4m×6mの予定です。

烏骨鶏柵作り2

木枠どうしを繋げていく柱の先は、一手間かけて装飾を。
糸ノコやノミで角度をつけながらカットし、ヤスリでなめらかに仕上げます。
10本分作業しましたが、一手間どころでなくけっこうな時間がかかってしまいました

烏骨鶏柵作り3

木枠をペイント中。レトロな雰囲気にしたくてオリーブグリーンをチョイス。
表を塗って乾かして、裏を塗って乾かして…。最初は楽しいと思う作業も、
ずっと続くとだんだん早く次の工程に進みたい~、と思ってしまいます。

烏骨鶏柵作り4

ロールで購入した亀甲金網をホチキス止めしていきます。
ステープラーという工具でカチャカチャ打ち込んでいきます。これまた楽しい作業なんですが、
後半は針が同時に数本出たり詰まったりと調子が悪く、ストレス作業と化していきました。

烏骨鶏柵作り5

大変だな~、つらいな~と思った時は、これも修行といい聞かせています
手さえ動かしていればいつかは終わる!あと3枚、気合いを入れてがんばります。
何とか今月中に完成させたいな。

うちわリメイク

2018うちわ1

トマトの出荷が始まると、1日の作業がトマト中心で回転していきます。
同じ作業を繰り返しているため、時々全く違う事をしたくなってしまいます。
でも、時間をかけてはいられないので、ちょこっとだけ気分転換を。

2018うちわ2

配布でもらったうちわがたまっていくので、広告部分をはがして…

2018うちわ3

包装紙やフリー素材などの絵柄をプリントして貼り付けます。

2018うちわ4

裏面も貼り、リメイク完成!
少しでも涼しげに、気分を盛り上げて、この猛暑を乗り切らねば

キムチの容器が

キムチラベル1

いつも食べているキムチの容器がたまり、
ウコッケイのエサを小分けして持ち運ぶのにちょうどいいと夫が使っておりました。
勝手口付近に置いてあるので、パンチのきいた「キムチ」がどうしても目に飛び込みます。

キムチラベル2

毎日見ているとどんどん気になってくるので、
いっそキムチを消してしまおうと思い、上からシールを貼ってみました。
ラブリーに変身

キムチラベル3

花柄の図案にウコッケイの写真を合成。
こっちに来るウースケや水を飲むひよこちゃん、モフモフお母さんetc.
これなら毎日見ても癒されます
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
GALLERY&GARDENのオープンめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ