FC2ブログ

道の駅 信州蔦木宿

2019蔦木宿1

今年は長野県諏訪にある信州蔦木宿(つたきじゅく)という道の駅にも出荷しています。
甲州街道43番目の宿場町として江戸時代に栄えた場所ということで、
当時の雰囲気が感じられる風情のある建物です。

2019蔦木宿2

信州蔦木宿は複合施設で、天然温泉施設やお食事処、直売所、お土産店があります。
ファームリアンも生産者登録をさせてもらい、トマトやコリンキーなどを販売。
売上状況は1日数回、送られてくるメールで確認できます。

2019蔦木宿3

トマトが忙しい時期でも、秋冬野菜の種まきだけはちゃんとやっておかないといけません。
暑いせいか8月後半に蒔いた白菜は3日くらいでもう芽が出てきました。
露地に定植する準備(施肥・耕耘・マルチ張り・防虫ネット)もしなければ…です。

2019蔦木宿4

玉ねぎも赤白2種類を撒きました。大体1500個分が目標です。
こちらは太さ5~6mm(えんぴつより少し細め)を目安にこのまま苗を成長させ、
11月に定植します。収穫は冬越しさせた来年の春になります。

2019蔦木宿5

そして大根も露地に直播きしました。2ヶ月後が収穫予定です。
「紅三太」という赤いぷっくらしたみに大根と、「京むらさき」という淡い紫のミニ大根。
こちらも2~3日で一斉に芽が出てきました。

2019蔦木宿6

紅大根は茎の色も赤いんですね。
この時期はシンクイムシ(芯食虫)に茎をかじられるので要注意!(といってもなすがまま)
1穴に2~3粒蒔いて無事大きくなった苗を1つ残し、あとは間引いていきます。

ナスが元気

2019夏露地1

露地の夏野菜。トマトと同じく長梅雨でスタートが遅れましたが、元気に育っています。
今はコリンキー、サツマイモ、里芋、ナス、パプリカを栽培。
ようやくナスの収穫が始まりました。

2019夏露地2

今年は20mの畝が3列、それぞれ違う品種を植えました。
1列目はゼブラ模様のイタリアンナス。
肉質がしっかりしていて崩れにくいので煮浸しや炒めものがおすすめです。

2019夏露地3

2列目は青長ナス。どこまでも長く伸びていきますよ。
青系のナスはトゲが特に鋭く、毎年、「痛っ!」を連呼しながら出荷調整しています。
こちらは若干皮が固めなので焼きナス向きです。

2019夏露地4

3列目はイタリアンナスの丸ナス“ビオレッタ”。
果肉がやわらかくトロトロクリーミーになります。
輪切りステーキ焼きで田楽みそやチーズトッピングなどいろいろ楽しめます。

2019夏露地5

この3種類のナスをセットにして道の駅で販売。
ナスも採れはじめると販売スペースがナスだらけになるので、
差別化をはかるためにあれこれ工夫しております。

やられました!

2019鹿被害1

露地ではコリンキーが採れ始めました。
きれいなレモンイエローをした皮ごと食べられるかぼちゃです。
サラダや浅漬け、炒め物などいろいろ楽しめますよ。

2019鹿被害3

別の圃場に植えたナス。新芽をバッサリ食われてしまいました。
あぁ隣の株も…。見渡すと近くのパプリカもやられています。
種まきから定植まで苦労して育てたものが一晩で台無し!

2019鹿被害2

この足跡は…鹿です。
マルチの上もお構いなしにズカズカ踏んでいき、根ごと掘り起こされた株も。
鹿よけ対策していたんですけど、うまいこと入り込んだんですね。

2019鹿被害4

長ネギは生えていた部分を踏みつけられ、そのまま埋まっていました。
ちょっとズレてくれればいいのに~と思いつつ、
足跡をたどり、どこから入ったのか捜索します。

2019鹿被害5

マイカー線を更に張り巡らせ強化中。
この圃場は鹿の通り道になっているようで毎年出没するんです。
お願いだから荒らさないでおくれ~!と願うばかりです。

にんにく収穫

2019にんにく収穫1

週末あたりから梅雨入りするというので、にんにくを収穫しました。

2019にんにく収穫2

今年はいっぱい作りましたよ~!

2019にんにく収穫3

軽く土を落として根をカット。二人でせっせと仕込み作業をします。

2019にんにく収穫4

中心から伸びているにんにくの芽もこんなに。美味しいですよ♪

2019にんにく収穫5

束ねて吊るしてしばらく乾燥させます。あとは出荷を待つばかり。

露地野菜の様子

2019GW野菜1

ハウスで作っていた冬野菜、年明けからずっと続いていた収穫もタイムリミットです。
全てトマトに切り替えるため片付け作業に入り、怒涛の出荷ラッシュも一段落。
人参はまだ小さいのに抜くはめに…でも道の駅ではいち早く売れてしまいます。

2019GW野菜2

さてさて晩秋に植えた玉ねぎは数回の追肥をして冬を越し、無事に育っています。
今年も赤玉ねぎと白玉ねぎを1畝(20m)ずつ、ちょっと成長が遅いような気が…
株元の雑草を取りながらこのまま見守ります。

2019GW野菜3

隣の2畝はにんにく、こちらは元気よく育っています。
暖かくなると雑草のスギナやたんぽぽが繁殖し、気づくと雑草畑になっていたりします。
冬のうちから防草シートを敷いて万全の対策をとりました。

2019GW野菜4

露地の一番奥はルバーブ。
植えっぱなしOKの宿根植物なので、毎年お礼肥えするだけで管理が楽な野菜です。
今年は赤い茎のルバーブを1列増やし、現在、株を大きくしているところです。

2019GW野菜5

芽を出したじゃがいもですが、明日の朝は最低気温4℃になると予報が。
遅霜ですね。野菜は霜に当たると一発でダメになってしまいます。
まだ来るか~、と嘆くも自然現象なので仕方ありませんね。

2019GW野菜6

株元にもみがらを敷いて、上から不織布をかけました。
あたたかい毛布をかけてあげたような状態です。
こういう作業をする時に限って強風が吹くんですよぉ…

3月の野菜

2019野菜3

気分はもう春だったのに、寒の戻りで再び雪。
今月に入ってまた銀世界を2度見ることになりました。
八ヶ岳も白い部分がまた増えています。

2019野菜5

3月はハウス栽培の野菜がピークを迎え、毎日せっせと出荷しております。
紫小松菜は花を咲かせようと徒長し始め、収穫が追いつかずに焦ります。
間引きする前に大きくなってしまったのでビッシリ生えて採りにくいです。

2019野菜4

ミニの赤大根も葉が勢いを増してきました。
根もふっくらしてきたのでどんどん抜いています。
昨年は種まき時期が遅れ、寒すぎて根が膨らまず細い根のまま伸びてしまいました。

2019野菜1

いい出来です。プクプクにふくらんで美味しそう。
皮が赤く中は白いミニ大根。
みずみずしいのでサラダや漬物などにして食べております。

2019野菜2

赤茎法蓮草もどんどん大きくなっています。
上から見ると花のように広がってきれいなんですが、隣どうし絡みあいながら伸びており、
茎を折らないようにそっとほどきながら収穫しています。

12月の野菜

2018出荷野菜12月

今年は野菜が豊作といいますね。
ファームリアンも道の駅にたくさん出荷していますよ。

2018出荷野菜12月2

ハウスのレタスはこんなに大きくなりました。
週末からどんどん収穫していく予定です。

2018出荷野菜12月3

夜はハウスといえども地面は土。氷点下になると凍ってしまいます。
毛布をかけるように野菜たちに寒冷紗を覆ってあげます。

2018出荷野菜12月4

夕暮れの八ヶ岳。雪が積もっています。
週末にはスキー場もオープンし、いよいよ雪山シーズンです。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
GALLERY&GARDENのオープンめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ