鶏小屋を作ってみた part1

鳥小屋1

お世話になっている農家さんから鶏をいただく事になりました。
さっそく鳥小屋を作る準備です。ネットでいろんな鳥小屋の写真を集め、
妻のイメージスケッチを元に、夫が設計図をおこします。

鳥小屋2

まずは土台作りから。
ブロックを並べ、所々セメントを流し固定します。
雨水の侵入や害獣に掘られないよう周囲に波板を深く差し込みました。

鳥小屋4

角材、ベニヤ板、壁板、ひたすら材料をカットします。
もらった廃材やアマリータ(余り板のこと)も無駄なく利用。
切った木材に片っ端から防虫&防腐剤を塗っていきます。

鳥小屋5

長さが足りない角材はこんなふうに接いでいます。
他にも角材どうしをクロスする時はノミで凹にしてはめ込んでいます。
う~ん、大工さんなみのテクニック!夫の技に関心する妻
スポンサーサイト

両親来たる

両親来る

妻の両親が遊びに来ました。
私たちがここ八ヶ岳の南麓に移住してからというもの、
初めての田舎暮らし&農業生活がどんなものなのか楽しみにしていたようです。
夏野菜の収穫や出荷が忙しい時は手伝いに来てくれると言ってくれていましたが、
就農初年度は自分たちも経験してみないと要領がわからないため、
一段落したら遊びに来てね、ということで今日になりました。
昼食は我が家で採れたトマトカレーをふるまい、
夜は飲みながらここでの暮らしぶりを語ったりと楽しいひと時でした。
翌日は朝焼けに浮かぶ美しい富士山。
トマトハウスや野菜畑を案内し、両親にミニトマトの収穫を手伝ってもらいました。
写真は夫と母で仕分け作業をしているところ。
八ヶ岳パーキングにも出荷でき感謝です
差し入れの柿と川越名物「ぽくぽく」、美味しかった~

信玄餅やったー!

信玄餅やった~!

夫がラジオ番組に応募したプレゼントが再び当選!今回は信玄餅です。
うれしいよぉ~大好物だよぉ~私のためにありがとぉ~と妻。
放っておくと全部食べられそうで心配な夫。
さっそくいただきます。
信玄餅って必ずきな粉がこぼれますよね。
あの小さい容器の中で上手く食べるのはけっこう難しいです。
冊子には「1個の餅をようじで持ち上げたところに黒蜜を入れ、きな粉と混ぜてお召し上げり下さい」
とありますが、「持ち上げた餅はどうすればいいんだ」と1人突っ込みする夫。そこへ
「黒蜜容器が乗っていた部分はきな粉が凹んでいるから、そこに黒蜜を流して周りのきな粉を
少しずつ練り込んでいけば粉はなくなって餅同士も自然と離れて食べやすくなるよ」と
自分流の食べ方を披露する妻。食べるまでに時間がかかりますが、
上手く食べようと黒蜜&きな粉を黙々と練りこむ2人でした。

柿の木奮闘記

柿移植1

お世話になっている農家さんから「柿の木を切るので欲しかったらどうぞ」と
声をかけていただきました。さっそく手頃な大きさの木を選び掘り起こしてみます。
木の移植をするのは初めてで、どんなものか想像もつきません。

柿移植2

夫が他の作業に取り掛かっている間は妻が奮闘。
どんどん出てくる太い根をノコギリで切り落としながら掘ること3時間。
ヘロヘロになっていたところに夫が戻り、最後の力を振り絞ります。

柿移植3

夕方5時の♪夕焼け小焼けが鳴り始めました。これから暗くなりますよ~の合図です。
「まずい、今日中に終わらない」と焦りましたが、木がぐらつき出したので
やってしまえ~!とばかりに揺すりながら根を切って掘ってを繰り返し、見事倒伏。

柿移植4

軽トラに乗せられるよう枝をカットし、根を包みもせず自宅へ直行。
裏庭にせっせと運び、あらかじめ掘っていた穴にスピード移植。
この時点で外は薄暗くなっておりましたがとりあえず間に合った~

柿移植5

翌日、晴れ晴れとした青空の下に柿の木がすがすがしくそびえておりました。
ネットで調べたら柿の木の移植は難しくなかなか芽吹かないとありましたが、
「桃栗3年柿8年」、気長に見守りたいと思います。

気になる植物

かわいい植物

近所でちらほら見かける植物があります。
丸くてふわふわで可愛らしく、秋はこのように真っ赤に紅葉しとてもキレイです。
夏は鮮やかな緑色でマリモのようでした。
かわいいなぁ…。何という植物なんだろう…?
気になります。

新規就農者研修

就農研修1

山梨県では就農1年目の農家を対象に、野菜栽培の方法や
自然災害対策、農業経営などの研修を行ってくれます。
今回も2人で甲斐市にある農業試験場まで行ってきました。

就農研修2

これはハウス内で吊り下げ誘引したかぼちゃです
おもしろいなぁ~、まるで果樹のよう。こんなの初めて見ました。
試験場ではいろいろな方法で野菜を育て、その成果も発表してくれます。

就農研修3

こちらはナスをアーチ支柱に誘引しています。
ナスってこんなに伸びるんですね。来年はこのやり方にしてみよう
参考になることがたくさんあったので、ぜひ来年に活かそうと思います。

富士山の初雪化粧

富士山初冠雪

ニュースで富士山初冠雪と聞き、外を眺めると
おお~っ!いつのまにか雪をかぶっているではありませんか
朝晩冷え込むようになり空気も澄んでくるので、山々がきれいに見えるようになります。
我が家は北側に八ヶ岳、南に富士山、西に南アルプスが望めるので、
寒さのかわりに味わえるこの景色を今年も堪能したいと思います。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
ギャラリーカフェのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR