ローズマリー

ローズマリー1

「料理に使って」と、ローズマリーをおすそ分けしていただきました。
家の中にすっきりとした気持ちのいい香りが広がります。
疲労回復、記憶力、集中力を高める「若返りのハーブ」なんだそうです。

ローズマリー2

さっそく空き瓶にオリーブオイルにつけたハーブオイル(右)と
米酢に漬けたハーブビネガー(左)を作り置き。料理で使うのが楽しみです。
ビネガーは1ヶ月くらい置くと驚くほど酢が甘くなっているんだとか。

ローズマリー3

料理やハーブティーで楽しむ他、煮出して浴槽に入れたり
防虫・殺菌効果も高いので乾燥させてタンスや下駄箱などで利用してみます。
挿し木すれば根がつくというので試してみました。増やして庭で育てたいなぁ…。

出荷組合研修会

組合研修1

毎年行われる出荷組合の研修会に初参加してみました。
今年は八王子の直売所と千葉の育苗センターを見学します。
バスの中では差し入れが飛び交い日帰りツアーのような気分。

組合研修3

中央道八王子インターに隣接した道の駅「八王子滝沢」の様子です。
野菜の鮮度やパッケージの方法、価格帯など吸収できるものをチェック!
ハーブコーナーでは豊富なブレンドティーと丁寧な効能説明が。

組合研修2

稲穂にトウガラシを編み込んだもの。装飾的でかわいいですね。
トウガラシを乾燥させるための知恵でしょうか。
キッチンに下げて魔除けにもなるそうですよ。

組合研修4

こちらは千葉の育苗センター「チバナーセリー」さんです。
7棟もの立派なガラスハウスで花や野菜の苗を専門に育てています。
発芽~生産苗までの各段階ごとに室温が違い、管理が徹底しておりました。

組合研修5

育苗トレイに土を入れ、播種する装置。初めて見ました。
現場を通じてみなさんがどれけ質の良い苗を作るために専念しているかがうかがえ、
いい刺激になりました。私も今年はステップアップしようと心に誓いました。

オブジェ 「ツバサノカケラ」

ツバサオブジェ

前回紹介した絵本「ツバサノカケラ」から誕生したオブジェです。

この作品は、流木のカケラを拾ったところから想像を膨らませ、
色を塗ってみたり他の素材と組み合わせたりしながら1つの形を構築し、
その過程で空虚な心が次第に満たされていったという流れがありました。
羽根の部分は、当時気に入っていた烏龍茶の空き缶で陶器の絵柄が気に入っており、
平らにカットしてきれいな柄の部分を切り取り貼り付けていきました。

どの素材も廃材になるものですが、「再生=生まれ変わる喜び」が
私のモチベーションとなっていき、後に制作するリサイクルアートへと
繋がっていきます。

絵本 「ツバサノカケラ」

絵本ツバサ1

絵本「ツバサノカケラ」を紹介します。

何もないカケラが織り成す再生の物語。
人間の深層心理と日々の生活がシンクロしながら
繊細なイラストと切り詰められた言葉で表現した叙情的な作品です。

絵本ツバサ2

みえないつばさを見ようともせず
なくしたつばさを探そうともせず

絵本ツバサ3

さまよいながらやってきた小さなかけら
飾りたてても満たされず、気ままなようで…

絵本ツバサ4

なんとなく捨てられないもの
ちりぢりにして

絵本ツバサ5

夢中になってつないでいく
無心になってつないでいく


絵本の一部を抜粋してみました。
こちらは1冊ずつ手作りして個展などで販売しておりました。
じっくりと、ゆっくりと読んでいただき、それぞれに
何か心に灯るものが見つかればと思いしたためました。
同時に進めていったオブジェ作品もありますので、次回紹介したいと思います。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのオープンもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ