大玉トマト第一号

2016大玉トマト

大玉トマトの中でも甘く育てられるのが特徴の「りんか409」を収穫しました。
食べてみると、やはり甘味があってジューシーな味わいでした。
うれしいですね。これからどんどん採れるので楽しみです。
スポンサーサイト

初出荷野菜

2016春野菜16

断面がアートですね~。
これはビーツという野菜の根球部分で、とても甘味があります。
“食べる輸血”とも言われる美容・健康に良いスーパーフードです。

2016春野菜15

生ならバナナと一緒にミキサーにかけスムージーに、
スライスしてサラダに入れてもきれいです。
他の野菜や肉と一緒にスープで煮込めばロシアの家庭料理「ボルシチ」風に。

2016春野菜14

宇宙人みたいに葉が伸びておもしろいですね。
こちらはコールラビというイタリアン野菜です。
コール=かぶ、ラビ=キャベツを意味するそうです。

2016春野菜13

肉質は柔らかくサラダやマリネ、炒め物からスープまで幅広く料理できます。
紫色をしていますが、皮をむいて実際に食べる部分はクリーム色です。
葉っぱもじゃこやおかかで炒め煮すればご飯のお供になります。

2016春野菜10

カラフルな葉はスイスチャード。
ほうれんそうやビーツと同じアカザ科の野菜です。
熱を加えても色落ちしないのでサラダ・お浸し・炒め物などに重宝します。

2016春野菜11

今年は豆を3種類作ってみました。そらまめは管理不行き届きで収量少なめ、
スナップエンドウは虫対策が大変、いんげんはちょっと曲がりが多かったかな
克服課題、たくさんありそうです。

花とウコッケイ

千鳥草越しウコッケイ1

千鳥草越しのウコッケイ。
ブルー系と白がマッチしていますね。
めずらしく丸太の上に乗っているので思わず

千鳥草越しウコッケイ2

あっ、こっち向いた
眺めはいいですか~?
でも何だか落ちそうですよ~。

千鳥草越しウコッケイ4

ヒヨコちゃんたちもお母さんと一緒に毛づくろいをします。
人が近づくとものすごい速さで逃げてしまうので
写真を撮るのは大変なんです。

千鳥草越しウコッケイ3

アップのウースケ
眼光鋭く「ヨ・ロ・シ・ク!」

今年のトマト初収穫

2016初トマト

真っ赤に色づいたトマトが初お目見えしました
酸味と甘味のバランスが絶妙な“華雅”という品種のトマト。
まずは試食しま~す。
うん、甘いだけでなくほどよい酸味が広がり
本来のトマトらしさが出ている味だと思います。
ああ、今年もいよいよトマトの季節がやってくるんだ…
気合いを入れてがんばります!

換気窓をつけてみた

ツマソー1

ファームリアンは野菜を栽培するハウスが3棟並んで建っています。
2年間作業をしてみると真ん中のハウスの通気があまり良くなかったので
換気窓を上部につけることにしました。

ツマソー2

さっそくツマソー(妻窓)を購入。
ハウスの前後2箇所につけるので2セット入っています。

ツマソー6

網戸のネットはハウスを建てた時にたくさん切れ端をもらったので
自分で張ることにしました。

ツマソー3

取り付ける場所はかなり高く(ハウスの天井は4m以上あります)
長いはしごにのぼって2人がかりで取り付けました。
スリルあります~。

ツマソー4

北風を受けてもグラつかないように、表もしっかりと固定。

ツマソー5

窓から繋がるロープを引っ張って開閉チェックしてみると…
バッチリでした

野菜を眺める

6月野菜6

初めて作ってみたピンクのサラダかぶ。
カットした葉の断面がバラの花のようにきれいですね。

6月野菜5

たくさん採れました~
甘味があり生でサラダに入れると彩り鮮やかに!

6月野菜7

葉もシャキシャキして美味しいです。
かぶの葉はかなり大きくなるので少しカットして出荷、葉先は食べています。

6月野菜1

わさび菜を出荷調整していたら、ハート形の葉を発見
四つ葉のクローバーを見つけた時のような気分です。

6月野菜2

いんげん豆も今年初挑戦。
花は紫ピンクでとってもかわいらしいですね。

6月野菜3

花が終わるとしぼんで落ち、中から豆ができてきます。
さすがに最初はちっちゃいですが形状はいんげんになってますね。

6月野菜4

お~っ、伸びてる伸びてる~!

6月のトマト管理作業

6月トマト1

5月下旬のハウス栽培トマト。
1株から2枝に分けて誘引作業をしています。
誘引ひもや茎とひもを挟むホルダーなど、
今年は違う種類にして使い勝手を試そうと思います。

6月トマト2

6月に入り、ここ数週間でぐんと大きくなりました。
葉も茂り腰の高さまで伸びています。
1段目はすでにたくさん実がついているので
トマトトーンによる受粉はうまくいっているようです。

6月トマト3

花が終わって実になっている様子。
花びらがしぼみ、めしべの部分が緑色に膨らんでいきます。
どの野菜もこのように実がついていくんですけど
本当におもしろいなあと眺めてしまいます。

6月トマト5

隣のハウスで作っているりんか402という大玉トマト。
種まきして苗から育て、こんなに大きな実がつきました。
昨年の株はひょろひょろと伸びすぎてしまったので
今年は水の配分に気をつけて管理します。

6月トマト4

トマトの重みに耐えられるようしっかりと誘引します。

6月トマト6

今年も発泡スチロール箱でミニトマトを栽培。
箱には底中央に穴を開けて土を入れ、雨樋を下に設置、
水やりをした時にポトポト落ちるしくみにしています。

プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ