露地野菜の定植

2017定植終了1

ハウスで作っていたリーフレタス、ほぼ出荷が終わりました。
赤葉とグリーンのものを1株ずつ袋詰めしてレタスセットとして出してみたところ、
サラダなど彩りよく使えるようで、単色で販売するよりも早く売れました。

2017定植終了2

5月は夏野菜の定植時期に入るため畑の準備で忙しくなります。
露地野菜は1反(約300坪)ほどの畑を2ヶ所に分けて作っています。
この圃場ではキャベツ、カリフラワー、コールラビがトンネル型ネット内で育っています。
雨よけ用のアーチ型パイプにはパプリカを、他にもかぼちゃ、甘長とうがらし、オクラ、
里芋、長ネギを定植し、玉ねぎとニンニクが収穫を待っています。

2017定植終了3

もう1つの圃場ではジャガイモとサツマイモのとなりにナスを定植。
ジャガイモにつくニジュウヤホシテントウがナスに移らないか心配です。
毎年、1列ずつ畝を増やしているのですが、雑草が根を張りめぐらせ
石や岩もゴロゴロあるので、今年も悪戦苦闘しながらの畝作りでした。

2017定植終了4

1日があっという間に終わってしまいます。八ヶ岳もすっかり緑の山になりました。
一雨降ると雑草の丈がグンと伸びてしまうのでこまめに草刈りをします。
これからの時期、雑草との追いかけっこになるんですね。
ああ恐ろしい

スポンサーサイト

ヒヨコちゃんが…

2017ひよこ1

ウコッケイのひよこちゃん、2羽目が産まれていたんです。
いつのまにかお外デビューしていて、ピヨピヨフワフワな愛らしい姿を見せてくれました。
怖がりですぐにお母さんのお腹に隠れてしまいます。

2017ひよこ2

左側にいる最初のひよこはだいぶ大きくなり、首を伸ばすとちょっと恐竜チックな容姿に。
小さいひよこはハウスから移植した春菊の影にいます。
大事に囲まれているようですね。

2017ひよこ3

初めて見た春菊の花。
菊というよりはコスモスやマーガレットに近い感じがします。ひよこちゃんと同じ色
なんて思いながら朝方、花とウコッケイをたくさん撮っていたんですが…

2017ひよこ4

農作業から戻ってみると、小さいほうのひよこが1羽いなくなっていました。
どうやら朝からウロウロしていたカラスに持っていかれてしまったようです。
親鳥の羽根が散乱し、抵抗したような跡が見受けられました。
ショック… 親鳥はもっとショックですね。
去年産まれたウコッケイも姿こそ成鳥ですが、よっぽど怖い思いをしたんでしょう、
小屋の奥の狭い隙間からしばらく出てきませんでした。

急遽、農業資材のネットやアーチ支柱を組み合わせて完全ガード。
外敵対策、もっとしっかりやらないとダメですね。

トマトの成長

2017トマト成長1

トマトは夫担当、こちらは順調に成長しております。
定植すると伸び伸びと育っていくようで、もう三段目の花が咲き始めました。
ハウス2棟分(512株)は「華雅」という酸味と甘味のバランスが良い中玉トマトです。

2017トマト成長2

ワイヤーにフックをかけ、吊りヒモで1株を2本仕立てにしていきます。
合計1024本ですね。今後はハウスの温度管理、水やり、わき芽取り、葉かき、
人工授粉のトマトトーン吹付けなどたくさんの管理作業を繰り返していきます。

2017トマト成長3

ハウス3棟目は1列分だけいろいろな種類のミニ、中玉、大玉トマトを植えました。
大玉トマトは重みに耐えられるよう更に支柱を立てて固定する予定。
トマトの香りがハウスに広がると、「あぁ、今年も始まるんだなぁ」と気が引き締まります。

夏野菜の育苗

2017夏野菜育苗1

ゴールデンウィークは庭づくりに没頭しておりましたが(妻のみ)、
初夏~夏野菜の定植準備をするため農作業にスイッチを切り替えます。
種まきから育苗していた苗も大きく育っています。

2017夏野菜育苗2

現在はキャベツ、カリフラワー、コールラビ、ビーツ、カボチャ、ナス、パプリカ、オクラ、
甘長トウガラシ、玉ねぎ(秋穫り)、長ネギを育苗し、ニンジンをハウスに直播きしています。
長ネギが半分以上成長せず枯れ気味土を変えて様子を見ます。

2017夏野菜育苗3

今年はジャガイモの種イモが入手困難でしたが、ノーザンルビーと十勝こがねをゲット。
量が少なかったので、食べる用にとっておいた北海こがねも定植しました。
カッコウが鳴いたら定植OKの合図、もうとっくに鳴いているので他の野菜の定植も急がないと…
少々焦り気味です。

逆さ虹

2017虹

とっても暑い1日でした。
農作業を終えた夕方、汗をふきふき空を見上げると
南アルプス上空にスーッと流れるような虹が出ていました。
雨が降ったわけでもないのに…しかも形状が水平に近い逆アーチ。

調べてみると、通称 “逆さ虹” と呼ばれるめずらしい現象で、
光の配色順が上側赤色~下側紫色のものを「環水平アーク」、
その逆(上側紫色~下側赤色)は「環天頂アーク」というそうです。
この場合は「環水平アーク」ですね。

通常の「虹」は太陽光が “水滴” に屈折して起こるのに対して、
「環水平アーク」は太陽光が “氷の結晶” により屈折して起きるそうです。
初めて見た貴重な “逆さ虹” でした

花壇を作ってみた part2

花壇裏2

表玄関が石で囲んだ花壇なら、裏庭は木枠で囲んだ花壇を作ろうと思います。
ありもので何とか作ろうと、薪用にとっておいた木材の中から同じような太さのものを選び、
チェーンソーでひたすら切りまくりました。(だんだんたくましくなる妻)
これでもかというくらい切って並べていってもなかなか繋がらず、ペースダウンして少しずつ
進めることにしました。 シンボルツリーは姉の勧めてくれたユーカリ=ポポラスです。

花壇裏1

先週、超ベテランガーデナーの母が自分の庭からたくさんの苗を持ってきてくれました。
昨年に植えた苗は新しい場所に移植し、これから植えるものは花の時期や色、背丈、特徴など
アドバイスを受けながら順々に花壇をうめていきました。庭仕事もなかなかハードです。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、達成感でいっぱい
“自分の思い描いた庭になるには10年かかる”と言うので、
ゆっくりと、季節の変化を感じながら成長過程を見守りたいと思います。

花壇裏3

今回植えた植物は、名前が覚えきれないので記録しておきます。
他にもバラ、紫式部、アジサイ、雲南黄梅、金糸梅、アンデスの乙女、フヨウ、
コニファー、オリーブやローズマリーの挿し木、 etc.たくさん植えました。
どこに何を植えたかちゃんと把握しておかねば…
そして、野菜と共に庭の管理も大変になりそうです

花壇を作ってみた

花壇石1

我が家の庭は手付かず状態の場所がまだまだあります。
駐車場を作る予定の場所には薪用にもらってきた木が積み重なり、
建築時に出た石もゴロゴロと。見て見ぬフリをし何年経ってしまったのだろう 
いいかげんどうにかしなくては…

花壇石2

そこでこの石を玄関脇の花壇の囲みにしようといざ決行!
持ち上げられるものはせっせと往復して運べましたが、
風合いのいい色や形の石ほど大きくて持ち上がりません。
業者さんに頼むのも何だし…ここは気合でいくしかない

花壇石3

腰をやられないように注意しながら、1つずつゆっくり転がして運ぶことにしました。
石の形によっていろんな角度に行ってしまい悪戦苦闘、
7mくらいの距離ですが、はるか彼方に感じられました。
でも、だんだん形になってくると完成が見たくなり、最後の力をふりしぼります

シンボルツリーに「姫シャラ(夏椿)」を植え、リアンの庭、一歩前進です。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
ギャラリーカフェのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR