ひよこちゃん産まれる

2017ひよこ誕生1

小さな卵から小さなひよこが産まれました
高い声でピヨピヨと大騒ぎしています

2017ひよこ誕生2

産まれたばかりでもこんな段差を乗り越えてしまうんですね。
カメラを向けると、お母さんがうなるように産卵箱の中へ呼び寄せました。

2017ひよこ誕生3

あっ、もう1羽お母さん?いたんですね。眼光鋭くて怖っ 心なしかひよこも怒り顔!?
このくちばしで突つかれると飛び上がるほど痛いんですよぉ~

忙しい夏、ひよこの成長を楽しみにがんばります。
スポンサーサイト

蕾が続々と開いています

2017_7月の花1

数日前からキキョウが咲き始めました。
青紫の凛とした花です。涼しげですね。
隣には白のキキョウ、蕾を膨らませています。

2017_7月の花2

春に種まきをしたミックス色の矢車草。
1株から赤紫やピンク、薄紫、青色の花が混合咲きをしています。
こんな色合いだけで花壇をまとめてみてもいいですね。

2017_7月の花3

ベルガモットも咲き始めました。
炎が飛び散るような花の形からタイマツバナとも呼ばれています。
葉をお茶にしたり料理の香り付けにもなるハーブです。

2017_7月の花4

雑草が伸び、花の姿が見えなくなりそうだったので草刈りをしてもらいました。
花壇の後ろにある桑の木、実がなっている時期はたくさんの小鳥たちがやってきて
それはそれはにぎやかでした。

出荷用収納棚

出荷調整棚1

野菜の出荷に必要なグッズを収納する棚を作りました。
元は無印良品の棚なんですが、棚板を追加したり移動可能なローラーをつけたり
使い勝手がいいようにリメイクしています。

出荷調整棚2

伝票、納品書、計量器、テープ類、野菜袋&容器、ラベルシール、仕分けトレイ&選別カゴ etc.
出荷準備に必要なものが全てこの棚に収まっています。
収納ケースなどはほとんど100均で揃えました。

出荷調整棚3

下段はトマト専用のグッズ。
選別する時にサイズが一目で分かるような札やカゴの仕切りなど、
毎年、こんなのあったら便利だなぁと思うものを追加しています。

出荷調整棚4

こんな感じてカゴに引っ掛けて使っています。
バタバタした出荷の準備で散らかっても、元の場所に片付ければスッキリ!
今では収納力抜群の棚となっております。

トマト出荷始まりました

2017_7初出荷1

ハウスのトマトはぐんぐん伸び、あっという間に背丈を越えています。
天気予報を欠かさずチェックし、ハウスの通気・水遣り・誘引・芽かき・葉かき・人口受粉などの
管理作業を行う日々が続きます。

2017_7初出荷2

元気すぎて暴走している苗を誘引しているところ。
一通りやり終えてきれいにしたと思っていても、すぐに伸びていきます。
この作業は収穫が終わるまで追いかけっこですね。

2017_7初出荷3

ハウス内はまだ緑一色のように見えますが、下の段には色づき始めたトマトがいっぱい。
今年は1段目からたくさん実がついていて、スタートは好調
昨年の反省をふまえ、いかに持続させられるかが今年の課題です。

2017_7初出荷4

猛暑の中、汗だくになりながら1~2段目を収穫しました。
感覚を思い出しながら、S・M・Lサイズに選別→軸カット→箱詰め作業。
今年もトマト中心の季節がやってきました

7月の庭から

2017_7月の庭1

7月に入り、一雨ごとに畑も庭もあらゆる植物たちがぐんぐん伸びていきます。
野菜や花の成長はうれしいのですが、管理作業の半分は雑草取りです。
さて、花壇のほうは‘ペンステモン’という白淡紫の花が終わり、
ピンクの‘虫とりなでしこ’が繁殖しています。
ブルーの矢車草や黄色の‘キンケイソウ’もまだまだ蕾がいっぱい、
遠くには白い‘ガウラ’が咲き始めました。

2017_7月の庭2

この‘ガウラ’、白い蝶がヒラヒラ舞うように見えることから別名‘白蝶草’ともいいます。
開花期が長く、初夏から寒くなる頃まで軽やかに揺れながらずっと咲いてくれます。
耐寒性もあり植えっぱなしOKなのでとても気に入っています。

2017_7月の庭3

つるバラの‘ドロシーパーキンス’が初めて咲きました。
植え替えをしてぐったりしていたのですが、新しい芽が出始め復活!
今は支柱に絡めていますが、バラのアーチにしてそこをくぐるのが夢であります。
この夏を乗り越えたら流木アーチにトライしようと思います。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ