今週の雪

2018雪1

ここ八ヶ岳南麓も一面の雪景色になりました
寒冷地でも耐えられると植えてみたフェイジョアの生垣は、立ち枯れしているようです。
さすがに最低気温-11℃を超えているのでかなり心配です。

2018雪2

家の中でも出荷用の葉物野菜が凍ってしまうほどの寒さ。
布団に湯たんぽが欠かせなくなりました。
軒下のパーゴラは雪の重みが心配でしたが何とかこらえています。

2018雪3

いつものように開けてぇ と騒ぐウコッケイ。
しかしこの日は誰も外に出てきませんでした。
足が冷たくなるのが嫌なんでしょうか。

2018雪4

初の冬越しをする庭木や植物。屋根の雪落ちや暴風対策で事前に保護しました。
バラは不織布で撒き、円錐状に立てた支柱に藁を乗せています。
雪から3日経ちましたが大丈夫かなぁ…

新作「光」:蝶と花の制作

新作_花と蝶4

北杜市のシンボルとされる蝶「オオムラサキ」を作ります。
オオムラサキは準絶滅危惧種に指定された国蝶で、
北杜市全域にも広く生息しているため、市全体で保護しています。

新作_花と蝶5

今回作るのは雄、きれいな青紫色の羽が特徴です。
ちなみに雌は羽全体が茶色で、蛾と間違うくらい。
羽には白い斑点模様が広がり、青紫とのコントラストがとてもきれいです。

新作_花と蝶2

ひまわりの制作です。花びらをたくさん仕込んでいます。
日照時間日本一を誇る北杜市にふさわしい「太陽の花」ということで
市の指定植物になっています。

新作_花と蝶1

花びら、葉、種のできる中央部分をそれぞれ作りました。
パーツ作りだけでも1週間ほどかかっています。
葉の部分は缶の文字や模様をあえて入れ、遊びを入れております。

新作_花と蝶3

各パーツを接着しているところ。
花びらには1枚1枚針金をつけ、粘土に缶を貼り付けた中央部分に差していきます。
最後に花びらをペンチでしならせ、ひまわりらしく仕上げます。

キムチの容器が

キムチラベル1

いつも食べているキムチの容器がたまり、
ウコッケイのエサを小分けして持ち運ぶのにちょうどいいと夫が使っておりました。
勝手口付近に置いてあるので、パンチのきいた「キムチ」がどうしても目に飛び込みます。

キムチラベル2

毎日見ているとどんどん気になってくるので、
いっそキムチを消してしまおうと思い、上からシールを貼ってみました。
ラブリーに変身

キムチラベル3

花柄の図案にウコッケイの写真を合成。
こっちに来るウースケや水を飲むひよこちゃん、モフモフお母さんetc.
これなら毎日見ても癒されます

新作「光」:八ヶ岳の制作

新作_八ヶ岳1

太陽に引き続き、次は八ヶ岳の制作に入ります。
グリーン系の空き缶から、いろいろな濃淡の色を選び、細かくカット。
時間をかけて材料の仕込みをします。

新作_八ヶ岳2

アクリル絵の具で大ざっぱに色を塗って当たりをつけ、
山の凹凸や光の当たり具合を考えながら貼り付けていきます。
遠くの山は深い色合いで小さいカケラを、手前ほど大きなカケラにして広がりをつけます。

新作_八ヶ岳3

アップで見るとこんな感じです。
パズルのように埋める作業がひたすら続きます。やる気&根気!
奥行きが5cmなので、限られた範囲の中で遠近感・立体感を出すのに苦労しました。

新作_八ヶ岳4

八ヶ岳完成!
本物の八ヶ岳を何度も観察しながら仕上げました。
こんなに山を眺めたのは初めてです。
しばし脱力

新作「光」:太陽の制作

新作_太陽1

正月休みはちょっとだけ、さっそく制作開始です。
まずはメインの太陽から。画面中央で燦々と輝く雰囲気を出したいと思います。
同系色の空き缶を集めた箱の中から、今回はオレンジ系ゴールドの缶をピックアップ。

新作_太陽2

細かくカットしたものを、外側から中心に向かってモザイク状に貼り付けていきます。
カットした缶の大きさは、1cm角くらいから始まり、だんだん小さくしています。
しばらく続くこの作業、黙々と根気よく、集中あるのみ!

新作_太陽3

は~っ、ようやく埋まりました。細かすぎて目がぁぁぁ~
ゆるやかに小さくカットしていたつもりですが、最後は2mmほどの欠片になっていました。
このあと、背景にも後光が射しているように仕上げる予定でおります。

あけましておめでとうございます

2018初日の出1

八ヶ岳南麓から午前7時45分の初日の出。
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018初日の出2

ウコッケイたちも年明けの元気な第一声を聞かせてくれました。
天然の目覚まし時計です。
現在10羽、今年もたくさん卵を産んでくださいね

2018初日の出3

農業もいよいよ5年目。
培ってきた技術をいかし、売上ともにらめっこしながら今年の栽培計画を立てます。
ハウスの野菜は順調に成長し、農閑期でも1月から道の駅に出荷できそうです。
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのオープンもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ