FC2ブログ

またキツネが…

2019柵補強1

昨年の冬に作ったニワトリ用の柵。亀甲金網を張って頑丈にしました。
それまで防獣ネットで囲んでいたものの、キツネに噛みちぎられ侵入されてしまったんです。
最近、また現れるようになり、早朝からニワトリたちが大騒ぎ!

2019柵補強2

あわてて飛び起きると、大きなキツネが一匹。目が合い素早く逃げていきました。
柵の周りはキツネの足跡がぐるりとついていて、四隅は金網を押した跡が…
悪夢がよみがえり、とり急ぎキツネが狙う背丈の高さまで板を貼りました。

2019柵補強3

それでも心配なので、フェンスも作ってしまおう。
キツネの頭が入らない間隔で、なるべく低予算で済むよう廃材を組み合わせながら
あれこれ工夫。狙われやすい箇所から進めていきました。

2019柵補強4

塗装をして取り付け作業。外から見ると半分姿が隠れちょうどいい具合です。
(アローカナの)アロくんとアロちゃんも興味深々で、作業中はずっと近くにいましたよ。
さぁ、これでどうだ!というくらい頑丈になっています。

2019柵補強5

丸見え感がなくなり、全体的に安定感も出たような。
これで何とか守ってあげられるといいのですが…
作業はまだ半分、後半に続きます。

空模様

2019うろこ雲

大雨が過ぎ去った後。
うろこ雲が空一面に広がっていました。
空気も美味しく思わず深呼吸~

ガーデニング作業

2019春ガーデニング4

冬の間、部屋の中で育てていたバラ「つるアイスバーグ」。
暖かくなってきたので鉢植えから庭植えにしたところグングン成長し、
庭にあるバラ1番乗りで咲いてくれました。上品なオフホワイトで芳香です。

2019春ガーデニング3

数年前から植えていた球根花のシラーカンパニュラータ、ようやくお目見えです。
どこに植えたのかも定かでなくなり半分あきらめかけていましたが、出てきてくれました。
釣り鐘状の花が下から上へ順に咲き進んでいます。

2019春ガーデニング5

チューリップは終わり、花を全てカットしました。
球根に栄養を十分に与えるため、葉が枯れるまでそのまま待ちます。
最後に咲き始めた黒紫花は切花にして、キッチン横で眺めながら癒されています。

2019春ガーデニング1

地下茎で増える花々(西洋ミソハギやハナトラノオ、アルストロメリア)の対策をしました。
気づくとものすごく遠くまで増殖し他の花が食われてしまうこともあったので、
咲かせたいエリア内に収めるために溝を掘って波板で囲んでみました。

2019春ガーデニング2

深さ20cm以上掘って波板を埋め込み、花壇の中に地下茎花エリアが完成。
3種とも好きな花なので、それぞれ囲んだ場所内できれいに咲かせて下さいな。
これ以上深い所から根が伸びてしまったら…とりあえず様子を見ようと思います。

露地野菜の様子

2019GW野菜1

ハウスで作っていた冬野菜、年明けからずっと続いていた収穫もタイムリミットです。
全てトマトに切り替えるため片付け作業に入り、怒涛の出荷ラッシュも一段落。
人参はまだ小さいのに抜くはめに…でも道の駅ではいち早く売れてしまいます。

2019GW野菜2

さてさて晩秋に植えた玉ねぎは数回の追肥をして冬を越し、無事に育っています。
今年も赤玉ねぎと白玉ねぎを1畝(20m)ずつ、ちょっと成長が遅いような気が…
株元の雑草を取りながらこのまま見守ります。

2019GW野菜3

隣の2畝はにんにく、こちらは元気よく育っています。
暖かくなると雑草のスギナやたんぽぽが繁殖し、気づくと雑草畑になっていたりします。
冬のうちから防草シートを敷いて万全の対策をとりました。

2019GW野菜4

露地の一番奥はルバーブ。
植えっぱなしOKの宿根植物なので、毎年お礼肥えするだけで管理が楽な野菜です。
今年は赤い茎のルバーブを1列増やし、現在、株を大きくしているところです。

2019GW野菜5

芽を出したじゃがいもですが、明日の朝は最低気温4℃になると予報が。
遅霜ですね。野菜は霜に当たると一発でダメになってしまいます。
まだ来るか~、と嘆くも自然現象なので仕方ありませんね。

2019GW野菜6

株元にもみがらを敷いて、上から不織布をかけました。
あたたかい毛布をかけてあげたような状態です。
こういう作業をする時に限って強風が吹くんですよぉ…

トマトの定植

2019トマト定植1

クルミの木がハウスの屋根にかかってしまい、チェーンソーで切っているところ。
気をつけて~!高い所の作業なので、見ているだけでゾワゾワします。
最初はクルミを拾って喜んでいたのですが、それも束の間、
昨年は毛虫が大発生したのでやっかいな木となってしまいました。

2019トマト定植2

ハウスのトマト栽培も6回目を迎えました。もはや中堅クラス。
マルチを張ったり排水パイプの設置など、準備の手際は良くなりましたよ。
育苗ハウスで管理していた苗も1番花が咲き始め、定植の時期になりました。
マルチに開けた穴へたっぷり水を貯めています。

2019トマト定植3

黒ポットから苗を取り出してみると、十分に根が回っていい感じです。
上部だけリング状にポットを残しているのは、
水やりをした時に周囲に流れないように株元に集中させるため。
ちょっと手間ですが、毎年この作業をするようになりました。

2019トマト定植4

時間を図りながら水を貯め、1苗ずつ根気良く定植していきます。
これまで1棟分の3分の1は別の野菜を栽培していましたが、
今年は3棟全てトマトを作ることにしました。
大変だけど気合いを入れてがんばります!
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
GALLERY&GARDENのオープンめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ