出雲大社

出雲1

島根県は出雲大社へ行ってまいりました。
大社へ向かう一畑電車には “ご縁”マークと観光キャラクター“しまねっこ”が
プリントされ撮り鉄たちにも大人気

出雲3

出雲大社前駅に到着。右手アーチ屋根の建物が駅になります。
ここから大社へ向かう神門通りと続く参道には全部で4つの鳥居があり、
順にくぐる事でゆっくりと心を整え参拝準備をする意味が込められています。

出雲8

駅は1つ目と2つ目の鳥居の間にあり、知らずに進むと
2つ目の鳥居からくぐる事になってしまいます。なので、
わざわざ戻って1つ目の鳥居からちゃんと参拝することにしました。

出雲4

4つの鳥居は石、木、鉄、銅といった、全て材質の違うもので
できているそうです。まずは石製(鉄筋コンクリート)1の鳥居。
高さ23m、太さ6mもの巨大鳥居に圧倒されました。

出雲5

2の鳥居。こちらは木製で「勢溜(せいだまり)の鳥居」と呼ばれています。
勢溜とは鳥居近くの広場のことを意味し、人が勢いよく溜まる場所なんだそうです。
確かに、たくさんの人が集まり撮影スポットになっていました。

出雲6

2の鳥居をくぐると参道に入ります。ここからは「神に向かう産みの道」
となり、邪心のない清廉潔白な気持ちでのぞんでいかなければなりません。
松林の中に3の鳥居(鉄製)がたたずんで見えました。

出雲7

最後に、御本殿の手前にある4つ目の鳥居(銅製)をくぐります。
ここから先は本当の神域なので撮影は控え、参拝に望みます。
人も多く、気持ちを鎮めて清らかな心になるのはなかなか大変でしたが
出雲大社で貴重な参拝ができました。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ