農大の栽培実習

農大の栽培実習

農業大学に入校して一か月が経ちました。
一週間のうち2日は校内での栽培実習、2日は農家研修、1日は講義という授業内容です。
朝から農作業をしたり学校で講義を受けたりと、これまでの生活が一変したので
緊張と刺激と体のリズムを整えるので精一杯でしたが、人間、慣れていくものですね。
たくさんの汗をかき、よく食べ、よく眠り、すこぶる健康的に過ごしています。
先週まで妻はブヨの攻撃に遇い、片目を腫らして大騒ぎしていましたが、
植物につく虫もたくさん覚え、虫対策をしながら自然と共に暮らしております。
農大の圃場では、トマト、ナス、ピーマン、ズッキーニ、キュウリなどが収穫のピークをむかえ、
これから育てる野菜としてブロッコリー、キャベツ、白菜、レタス、人参などの播種や定植をしています。
収穫した野菜はみんなで重さや長さ、形状など仕分けをして箱や袋詰めをする出荷調整を経て
農協や直売所で売ります。10月には農業祭というイベントがあり自分たちで販売もするそうです。
農大の仲間とも情報交換をしながら今後の就農に役立てていきたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
ギャラリーカフェのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR