ハギレで収納箱

空缶収納1

農閑期は大事な創作活動期間。
制作にかかろうとこれまで集めていた空き缶をチェックすると、
入れ物から溢れるわ紙袋や箱に無造作に貯めているわで何だかな~という気分に…
100均で収納ケースでも買って、っと思いましたが
カラーボックスに入るちょうどいいサイズのダンボールがあったので
作っちゃおう!とスイッチON

空缶収納2

高さを合わせアンボールをカット。しまいこんでいたハギレをひっぱり出し
障子貼り用の糊(いっぱい余っていた)でペタペタ貼りまくりました。
気に入った色や柄の部分は表の見える部分に貼り、あとはテキトーに。
布の端も切りっぱなしです


空缶収納3

内側にも貯め込んでいた包装紙を貼ります。
少しはきれいにまとまってきましたね。

空缶収納4

箱の色と収納する空き缶の色を大体同じになるよう入れれば
取り出す時に分かりやすくなります。
大きさもいい感じ、これならまだだいぶ収納できます。

空缶収納5

好きでとっておいたハギレも、しまいこんでいては
一生日の目を見ないかもしれないと思いました。
こうして毎日目にする場所にあれば気分もアップ!
やる気もアップです
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ