トマトの定植

2017トマト仮植1

トマトを始めて4年目となりました。
今年も40mハウス2棟分にわたり、JA出荷のトマト「華雅」を作ります。
朝晩はまだ霜注意報が出る寒さなので、育苗ハウスの中ではさらにビニールトンネルを作り
苗を守っています。

2017トマト仮植2

株数は1棟につき256株、昨年は収穫時期が重なり大変になってしまったので、
今年は2棟目の分を2週間ずらして育てる事にしました。
中指くらいの背丈で届いた接木苗を、1つずつポットに仮植して大きくしていきます。
定植の目安は1番花の咲く頃。

2017トマト仮植3

冬に作った野菜を片付け、トマトの準備を急ぎます。
肥料をまいて耕耘し、土づくりをしっかりとしておかなければなりません。
先輩のアドバイスをもとに土や肥料のバランスを調整します。

2017トマト仮植5

管理機で白マルチを敷き、通路には防草シートを広げます。
白マルチにはトマトを植える穴を開けていきます。
これで準備完了

2017トマト仮植4

そうこうしている間にも苗は日々成長していきます。
日々の水やり、育苗ハウスの温度管理など、苗作りはとにかく気を使います。
ここでコケると後々ひびいてしまうのです。

2017トマト仮植6

いざ定植!植え穴にホースをさし、時間をはかりながら水をた~っぷり入れ、
ポットから苗を取り出して穴にズボっと入れていきます。
ハウス1棟分をやるのに、夫1人で朝から始めて1日作業です(弁当持参)。

2017トマト仮植7

定植完了!2週間くらいは水をあげないままでいいんですよ。
これからどんどん大きくなり、2本仕立てにして誘引していきます。
次は隣のハウスの片付け。後半分の準備を急ぎます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
ギャラリーカフェのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR