7月の庭から

2017_7月の庭1

7月に入り、一雨ごとに畑も庭もあらゆる植物たちがぐんぐん伸びていきます。
野菜や花の成長はうれしいのですが、管理作業の半分は雑草取りです。
さて、花壇のほうは‘ペンステモン’という白淡紫の花が終わり、
ピンクの‘虫とりなでしこ’が繁殖しています。
ブルーの矢車草や黄色の‘キンケイソウ’もまだまだ蕾がいっぱい、
遠くには白い‘ガウラ’が咲き始めました。

2017_7月の庭2

この‘ガウラ’、白い蝶がヒラヒラ舞うように見えることから別名‘白蝶草’ともいいます。
開花期が長く、初夏から寒くなる頃まで軽やかに揺れながらずっと咲いてくれます。
耐寒性もあり植えっぱなしOKなのでとても気に入っています。

2017_7月の庭3

つるバラの‘ドロシーパーキンス’が初めて咲きました。
植え替えをしてぐったりしていたのですが、新しい芽が出始め復活!
今は支柱に絡めていますが、バラのアーチにしてそこをくぐるのが夢であります。
この夏を乗り越えたら流木アーチにトライしようと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ