トマト栽培スタート

トマト苗1

トマトの苗が届きました。
セルトレイにびっしり入った小さな苗をポットに移し替えます。
これを仮植、または鉢上げと言います。
先日、夫が研修先でお世話になったトマト農家さんを訪問し
仮植のやり方を教わってきました。さっそく実践です。
土を作り、ポットに入れて水分を調整。
真ん中に苗が入る穴を開けて1つずつ植えていきます。

トマト苗2

アップでみるとみんなプラスチックのホルダーのようなものがついています。
これは病害虫の抵抗性が強い「台木」と、収穫する品種の「穂木」を斜めにカットし
切り口をホルダーで接ぎ癒着させて作った接ぎ木苗なのです。

トマト苗3

256苗分の仮植作業がすべて終わりました。
でもこれは第1便の苗。一週間後に第2便が到着します。
温度・水分・葉と葉の間隔を見ながら苗の管理を毎日行ない、
いよいよトマト栽培スタートです。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ