出荷用収納棚

出荷調整棚1

野菜の出荷に必要なグッズを収納する棚を作りました。
元は無印良品の棚なんですが、棚板を追加したり移動可能なローラーをつけたり
使い勝手がいいようにリメイクしています。

出荷調整棚2

伝票、納品書、計量器、テープ類、野菜袋&容器、ラベルシール、仕分けトレイ&選別カゴ etc.
出荷準備に必要なものが全てこの棚に収まっています。
収納ケースなどはほとんど100均で揃えました。

出荷調整棚3

下段はトマト専用のグッズ。
選別する時にサイズが一目で分かるような札やカゴの仕切りなど、
毎年、こんなのあったら便利だなぁと思うものを追加しています。

出荷調整棚4

こんな感じてカゴに引っ掛けて使っています。
バタバタした出荷の準備で散らかっても、元の場所に片付ければスッキリ!
今では収納力抜群の棚となっております。

トマト出荷始まりました

2017_7初出荷1

ハウスのトマトはぐんぐん伸び、あっという間に背丈を越えています。
天気予報を欠かさずチェックし、ハウスの通気・水遣り・誘引・芽かき・葉かき・人口受粉などの
管理作業を行う日々が続きます。

2017_7初出荷2

元気すぎて暴走している苗を誘引しているところ。
一通りやり終えてきれいにしたと思っていても、すぐに伸びていきます。
この作業は収穫が終わるまで追いかけっこですね。

2017_7初出荷3

ハウス内はまだ緑一色のように見えますが、下の段には色づき始めたトマトがいっぱい。
今年は1段目からたくさん実がついていて、スタートは好調
昨年の反省をふまえ、いかに持続させられるかが今年の課題です。

2017_7初出荷4

猛暑の中、汗だくになりながら1~2段目を収穫しました。
感覚を思い出しながら、S・M・Lサイズに選別→軸カット→箱詰め作業。
今年もトマト中心の季節がやってきました

ウコッケイ羽根のお手入れ

ウコッケイ遊具

ウコッケイの庭、高さの違う丸太を円形状に並べてみました。
この中で砂浴びをしてもらおうと思い雑草を取ってきれいにしたのですが、
最初は群がってきたものの全く別の場所で砂浴びをします。
思惑通りにはいかないものですね
最近は丸太の上で毎朝羽根のそうじをしています。
チビちゃんも一番端っこでみんなのマネをしています。
だいぶ大きくなってすっかり白い羽根になりました。
こんな光景もかわいいものですね。

玉ねぎ&ニンニク収穫

2017野菜管理2

ニンニクです。
昨年の11月に植え付けをして冬越し、春から鶏糞を追肥しながらようやく収穫です。
前回は忙しさにかまけて遅くなってしまったので気をつけました。
出来はまあまあ、でしょうか。土が固く、スコップで掘りあげながらの作業でした。

2017野菜管理1

玉ねぎも同時期に収穫です。
白と赤を作っていますが、白のほうが先に半分以上葉倒れしました。
7割くらい葉倒れすれば収穫OKのサイン、隣の赤玉ねぎはほとんど倒れていません。
晴れ間が続くような天候時に抜いて、マルチの上に広げて乾かします。

2017野菜管理5

そして、念願の軒下吊るし
こういうことがやりたかったんですよ~。
束にしたニンニクと玉ねぎ、風通しの良いパーゴラの下で気持ちよく乾いて下さい。
これから干し柿や干し野菜など、いろいろ吊るしてみたいものです。

防鳥ネットでガード

2017防鳥ネット1

1羽になってしまったヒヨコちゃん、お母さんと一緒にお散歩です。
ヒヨコ特有の黄色がだいぶ薄くなってきました。
上から見るとまだ小さいなぁと感じますが…

2017防鳥ネット2

こ~んなに大きくなっているのです。
どこを見ているのでしょうか。
かわいい時期はあっという間に過ぎてしまいます

2017防鳥ネット4

他のみんなはコンテナを積んだ木陰でまったりしています。
遠くに一輪だけ赤いひなげしが咲いています。
手前は春菊の黄色い花、けっこうかわいいんです。

2017防鳥ネット3

ようやく天井に防鳥ネットを張り、カラスやネコの侵入を完全ガード。
カラスに狙われかなりナーバスになってしまったウコッケイたち、
これで安心して小屋の外に出られます。

トマトすくすく育っています

2017トマト6月2

ハウスのトマトがすくすく育っています。もう実もこんなに!
トマトの青臭さがハウスに広がると、またこの季節がやってきたんだなぁと実感します。

2017トマト6月1

あっという間に大きくなりますね。
もう胸くらいの高さになっていますよ。

2017トマト6月3

人口受粉するためのトマトトーンをスプレーしているところ。
ここにかけたという事が分かるよう赤い色粉を混ぜています。

2017トマト6月4

今までトマトの苗を育てていた育苗ハウスのスペースが空いたので、
今年もスーパーでもらってきた発泡スチロールの容器に土を入れ、
ミニトマトをコンパクト栽培しています。

露地野菜の定植

2017定植終了1

ハウスで作っていたリーフレタス、ほぼ出荷が終わりました。
赤葉とグリーンのものを1株ずつ袋詰めしてレタスセットとして出してみたところ、
サラダなど彩りよく使えるようで、単色で販売するよりも早く売れました。

2017定植終了2

5月は夏野菜の定植時期に入るため畑の準備で忙しくなります。
露地野菜は1反(約300坪)ほどの畑を2ヶ所に分けて作っています。
この圃場ではキャベツ、カリフラワー、コールラビがトンネル型ネット内で育っています。
雨よけ用のアーチ型パイプにはパプリカを、他にもかぼちゃ、甘長とうがらし、オクラ、
里芋、長ネギを定植し、玉ねぎとニンニクが収穫を待っています。

2017定植終了3

もう1つの圃場ではジャガイモとサツマイモのとなりにナスを定植。
ジャガイモにつくニジュウヤホシテントウがナスに移らないか心配です。
毎年、1列ずつ畝を増やしているのですが、雑草が根を張りめぐらせ
石や岩もゴロゴロあるので、今年も悪戦苦闘しながらの畝作りでした。

2017定植終了4

1日があっという間に終わってしまいます。八ヶ岳もすっかり緑の山になりました。
一雨降ると雑草の丈がグンと伸びてしまうのでこまめに草刈りをします。
これからの時期、雑草との追いかけっこになるんですね。
ああ恐ろしい

プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心に季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのOPENもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ