ひよこちゃん産まれる

2018ヒヨコ産まれる

ウコッケイの雛たちが、ほぼ予定日に誕生!
お母さんの周りでピヨピヨ鳴きながら、元気に跳ねていました。
かわいさ満点のヒヨコちゃん、毎日眺めに行ってしまいそうです

遮光ネット張っています

2018遮光ネット張り1

今年はトマトのハウスに遮光ネットを張ろうと思います。
毎年悩まされるトマトのグリーンバック(軸の周りだけ赤くならず緑のまま固くなる状態)、
陽のあたりすぎが原因の1つらしく、強烈な西日側を遮光する予定です。

2018遮光ネット張り2

頂上部の方は遮光率の軽い白のネットを張ります。
はしごの上の方まで登って取り付けていますが、この高さは結構スリリング
バランスを崩して落ちないように慎重に作業します。

2018遮光ネット張り3

西日が強烈に当たるサイドには遮光率の高い黒のネットを取り付けます。
高さも少し低くなり、作業しやすくなりました。
しかしハウスは40mもの距離、はしごを移動させながら根気よくヒモでとめていきます。

2018遮光ネット張り4

今日はここまで。
あと2棟分残っているので休み休み仕上げていきましょう。
効果は出てくれるでしょうか、期待大です

GWはトマト定植

2018トマト定植2

ハウスで作っていた葉物野菜は全て出荷し、一斉にトマト栽培に切り替えます。
マルチや防草シートをはがし、シートはつけおき洗い、こまめに衛生管理しております。
ただっ広くなったハウス一面に肥料を撒き、管理機でいざ耕耘!

2018トマト定植3

お次は同じ管理機の先端を付け替えてマルチを張ります。こちらはバックで進みますよ~。
ハウスの中は亜熱帯のようになるので、株元に熱を吸収しすぎないようにマルチは黒色でなく
白にしています。これからはハウス内の温度管理が特に重要になってきます。

2018トマト定植4

ホースで株穴に水を注ぎます。
タイムウォッチで1分くらい計りながらずっと差し込んでおき、
これでもか~っというくらいたっぷり貯めておきます。

2018トマト定植5

そこに苗のポットをズボッと入れます。ポットの底はくり抜いてありますよ。
淵に見える黒いポットは、上から水やりをする時に水が広がっていかないようにするため
リング状に残しているのです。

2018トマト定植6

ハウス1棟分やるのに朝早くから始めて1日作業です。
この状態で2週間置いておきますが、毎日チェックをすると勢いのいい株が乾燥気味になって
いたり、場所によって水はけの良し悪しがあったりするので、個別に水やりをしています。

お婿に行ったウコッケイ

2018ひな1

年明けの2月、「にわとり&ひよこ交換」サイトを通じて雄のウコッケイをお譲りしたところ、
先方から吉報をいただきました。お婿さんとして迎え入れ大切に育ててくださり、
晴れて雛が誕生したそうです

2018ひな2

写真も送ってくださいました。
ヒャ~!産まれたて~
ウコッケイって地肌が黒いんですよ。



動画も送ってくださいました。
食べながら寝てしまう姿、なんて可愛いんでしょう
人間の赤ちゃんと一緒ですね。

5月の庭から

2018リアンの庭5月1

昨年植え付けたヒメシャラ。無事に冬を越し芽吹き始めました。
立派なシンボルツリーになりますように。
富士山もクリアに見える時が少なくなってきましたが、まだまだきれいです。

2018リアンの庭5月2

毎年リアンの庭にキジが遊びにきます。
今日はウコッケイの柵の近くまで来ていました。鮮やかなオスです。
つがいなんですが、メスは地味すぎて草むらと同化し見つけられません。

2018リアンの庭5月3

外塀の道路沿いに植えたイングリッシュデージー。
毎年少しずつ株分けしていたら、けっこう見ごたえのあるボーダーになってきました。
たぶんここがデージーたちにとっていい環境なんでしょうね。

2018リアンの庭5月4

果樹エリア(といっても小スペースですが)に初めて植えたアーモンドの苗木。
桜に似たきれいな花が、小さな苗木にびっしり咲き並びました。
大きくなったら観賞用としても楽しめそうです。

2018リアンの庭5月5

りんごの花。対木で植えたものの片方は順調に育ち花も咲かせたのですが、
もう一本は成長が遅く心配しておりました。
今年、ようやく初めての花を咲かせ枝もグイーンと伸びてきたので一安心です。

露地野菜の植え付け

2018じゃがいも植付5

今年も立派なルバーブが採れました。青りんごのような爽やかな香りと甘酸っぱさが特徴で、
ジャムやドレッシング、スイーツなどで美味しさを発揮します。
やまなしGAP(ギャップ)のシールもちゃんと貼っていますよ。

2018じゃがいも植付4

ルバーブはタデ科の多年草、植えっぱなしで毎年株元から新芽が出てきます。
3年目になる株は充実し、食す部分の茎もだんだん太くなってきました。
今年は隣の畝に真っ赤なルバーブの苗(貴重!)も植えてみました。

2018じゃがいも植付1

先日は天気も良く、畑仕事日和だったので、じゃがいもの植付けをしました。
品種は黄金色の「北海こがね」と 中がピンク色の「ノーザンルビー」。
大きな種芋はカットして、切り口に防腐防カビ対策として灰をまぶしておきます。

2018じゃがいも植付2

これは「当帰」(とうき)という苗。初チャレンジです!
当帰はセリ科の植物で、葉はセロリに似た強い香りがします。
根の部分を乾燥加工して漢方薬などに処方される生薬なんです。

2018じゃがいも植付3

1本ずつほぐして定植しています。4畝作って合計1000本!
根気のいる作業でしたが、うぐいすをBGMにがんばりました
収穫は11~12月、まだまだ先になりますがどんなものかお試しあれです。

新作「水」:完成

新作水_完成1

新作2点目完成です! 幅60cm×高さ60cm×奥行き6cmの半立体作品です。
前作「光」と対になるもので、北杜市を象徴する「水」を表現しております。
親指腱鞘炎に悩まされ、制作にかなり時間がかかってしまいました

新作水_完成2

新緑のアップ。葉の表面はツルツルのまま仕上げていましたが、
葉脈のスジを入れる事に。一手間加えただけで、随分印象が良くなりました。
夫の助言です。違う目で見た意見も聞いてみるものですね。

新作水_完成4

ピンクの花は岩ツツジ(三つ葉ツツジ)。
グリーンとブルーが画面全体を占める中、アクセントの差し色になっています。
滝の上段アップはしぶき感が出るよう工夫しました。

新作水_完成5

滝の下段です。裏側の岩場に水草がたくさん生えています。
葉が完全に隠れないよう樹脂で固めた水の透明感を残しつつ、
勢いのある流れ、弱い流れなどを細かい缶の貼る量で調整しました。

新作水_完成3

下からのアングルで見てみると、立体感が分かると思います。
平面に粘土で岩場などの凹凸をつけ、水・花・葉を装飾していきます。
風景を表現するのはとても大変でしたが、今は達成感でいっぱいです
プロフィール

 リアン

Author: リアン
八ヶ岳南麓に移住し農業を始めました。
トマト中心の季節野菜を作っています。
また、富士山や南アルプスの山々を望む
週末ギャラリーのオープンもめざし、
夫婦二人三脚で歩んでいます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ